『MICHIYOSHI NAOE』The first MODE Laboratory

『モードの流動・稼動』 21世紀のモードの新たな展望を切り開く 「衣服+身体」「コスメ+身体」を科学する。モダンカルチャーを科学する。 ファッション・社会文化研究 脳科学とファッション

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Market片山けい

『Beauty Book Spring 2011資生堂』
によれば、片山けいは、
「Market
時代の最先端からメークの今をレクチャー
パーツメイクに脚光が集まったのは
日本文化の賜物

今の20代のモデルや女の子を見ていると、「アイメークが命!」という感覚は共通のよう。そして、メークが驚くほど上手いんです。ここまでメークが飛躍した理由って何だろう?と考えてみると、自分の顔をとても研究しているんですよね。最近はハーフ顔がブームですが、雑誌のテクニックをそのまま使うのでなく、「自分ならここを足そう」とか「この色にしよう」という応用が自然とついているのもそのせいかもしれません。そして、メークへの関心を高める手助けとなるのが90年代後半からの日本文化、プリクラや写メール、ブログなどの自己アピールの場が飛躍的に広がり「かわいくあること」が当たり前になった気がします。それはむしろいいことで、自分に自信がつくし、気がつかなかった才能が芽を出すことも。そして、今、若い世代のパーツメイクは目だけでなく、口元にも広がってきているように感じます。」
と指摘している。
------------「The first MODE Laboratory HP。」------------http://10740828.blog123.fc2.com/『NAOEMODE』------------「The second MODE Laboratory HP。」------------http://d.hatena.ne.jp/naoemode/『NAOEMODE』-------------MICHIYOSHI NAOE「愛」-----------「naoemode」
スポンサーサイト
  1. 2011/02/28(月) 13:57:11|
  2. ビューティ文化論
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Fashion時田麗子 | ホーム | 人気ブランド渋谷上陸>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://10740828.blog123.fc2.com/tb.php/864-d89f9287
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。