『MICHIYOSHI NAOE』The first MODE Laboratory

『モードの流動・稼動』 21世紀のモードの新たな展望を切り開く 「衣服+身体」「コスメ+身体」を科学する。モダンカルチャーを科学する。 ファッション・社会文化研究 脳科学とファッション

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「ブライダル・ホテルの文化社会学」ウエディングからホテルへの挑戦~野田豊~(ウエディング・ホテル文化産業論)

ブライダル・ホテル業界に興味のある人に一読してもらいたい(備考参照)。
ウエディングからホテルへの挑戦~野田豊(株式会社プラン・ドゥ・シー代表取締役)~
オリジナルウエディングの仕掛け人。結婚式とパーティーを現代的な感覚で捉え、より伸びやかで歓びの空間として演出している。東京・京都・神戸・徳島の各プロジェクトは、人気を呼び、予約者が殺到している。ブライダル業界を席巻する田氏がホテル業界にも挑戦している。
野田豊が大切にしている言葉、「トータル・プロデュース」 「ミーハーになること」「クオリティ・オブ・ライフ」「ひらめき、説得力、そして家族」。

私も「好きなものを売っている会社に行けよ」、収入とか、業種とかじゃなく、自分にとって愛せるものが売っている会社、「自分の好きなことを職業に」するべきである。
自分のやっていることに迷っていたら、人も友達もついてこない。自分の信念がなにより強みだ。
世論は、若者の文化産業を年輩者が認めるようになった。
ディズニーランド・シーのホテルミラコスタ・アンバサダーのブライダル・ホテルはその象徴だ。
高校や大学からアルバイトやインターンシップで、経験している学生はその感性が研ぎ澄まされている。
私の友人・知人も勤めているがそのプロ意識は高い。あなたはどうですか、もう一度問い直してみてください。
そんな人のために、『空間プロデュースの視点』(角川書店)
時代は、タレントのブライダル経営ブーム。
自分らしさを大切に。
スポンサーサイト
  1. 2007/11/27(火) 04:24:06|
  2. ウエディング・ブライダル・プロデュース論
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:1
<<美容室の文化社会学 | ホーム | モードの文化社会学「デコリーナ」>>

コメント

ブランド
  1. 2007/12/03(月) 13:09:55 |
  2. URL |
  3. ミッチー #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://10740828.blog123.fc2.com/tb.php/85-b284da01
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【文化産業論】についての最新のブログのリンク集

文化産業論 に関する最新ブログ、ユーチューブなどネットからの口コミ情報をまとめてみると…
  1. 2007/12/26(水) 16:02:20 |
  2. クチコミコミュニケーション
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。