『MICHIYOSHI NAOE』The first MODE Laboratory

『モードの流動・稼動』 21世紀のモードの新たな展望を切り開く 「衣服+身体」「コスメ+身体」を科学する。モダンカルチャーを科学する。 ファッション・社会文化研究 脳科学とファッション

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ヒット商品の予感!カネボウ「COFFRET D'OR(コフレドール)」(「化粧学」)

来月にカネボウ「COFFRET D'OR(コフレドール)」が発表される。
最近は、化粧品メーカーは、フランス語を用いる傾向がある。「D'OR」とは、「金」と言う意味で、「COFFRET 」は、「宝物箱」と言う意味である。直訳してみると「金のたま手箱」と言った感じだろうか。何か、女性にとって、少女という「女の子らしさ」と大人という「女性らしさ」を入り混じったイメージを与えてくれる。このキャッチフレーズは、女性のこころをくすぐるのは間違いない。際どい所を付く、何気ない重みある一言である。まして、そのイメージをアップさせるCM・イメージキ
ラクター5人が凄い。常盤貴子(35)中谷美紀(31)柴崎コウ(26)沢尻エリカ(21)北川景子(21)である。何か、今を時めく、力強い、ボーイッシュな、女性からも好感をモテるクリーンナップのような気がする。資生堂のmaquillage(化粧)と似ているようで何か違う気がする(別の機会に)。来月からイメージキャラクターによるCMが流れると言う。どんな印象を与えてくれるのだろうか。「COFFRET D'OR(コフレドール)」はクリスマス・年末年始と何か女性の気持ちをセレブにしてくれそうな予感がする。そんなキャッチフレーズとイメージキャラクターだ。ヒットの予感!
スポンサーサイト
  1. 2007/11/19(月) 05:52:21|
  2. 化粧学・化粧文化論 MAKE-UP
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「最後の早慶戦」(「映画論」) | ホーム | 理論社会学のアプローチ>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://10740828.blog123.fc2.com/tb.php/72-61cb0ca9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。