『MICHIYOSHI NAOE』The first MODE Laboratory

『モードの流動・稼動』 21世紀のモードの新たな展望を切り開く 「衣服+身体」「コスメ+身体」を科学する。モダンカルチャーを科学する。 ファッション・社会文化研究 脳科学とファッション

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

理論社会学のアプローチ

理論社会学の任務は、少数の基本的な前提・定義から出発して、現象の全体を説明するモデルを作りだすことがなによりも必要である。そもそも、社会学は、物理学のように現象の説明を明確に把握できないから、既存の知識や枠組みで説明できないような現象をいくらでも見つける事ができ、自分の興味あること、現象に着目し考察してみる。何か思いついたら、文章にして書いてみる。
私は、毎日、このように、何かしら気が付いたことをブログのなかで文章にしてみている。社会学の実験とは、この自分の生きていることを題材にして、それを論証してみること
である。
実践なき理論は不毛である。
社会は、人間の集まりだから、人間に対する理解がないと社会のことなんて何ひとつわからない。
社会に対する人間のいろいろな見方をカバーしていくような条件がないとならない。
人間にたいする理解は、文学の力をもってして、理解する事ができる。文章だったり、思考だったり、なによりの情報源である。
こうした、さまざまな学問を横断しながら自分なりのスタイルやアプローチを見出だして行けばよいのだ。私は、そういう立場を取る。理論があって文化も理解できるし、文化から理論を見出だすこともできる
スポンサーサイト
  1. 2007/11/17(土) 11:25:14|
  2. 都市社会学・文化・理論社会学
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:2
<<ヒット商品の予感!カネボウ「COFFRET D'OR(コフレドール)」(「化粧学」) | ホーム | 無印良品、アメリカに進出!「禅」の精神に通じる事が大人気!>>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2007/11/28(水) 18:53:03 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2007/12/06(木) 10:32:37 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://10740828.blog123.fc2.com/tb.php/71-68768db6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます
  1. 2007/11/17(土) 11:30:58 |

( 理論社会学 )についての最新のブログのリンク集

理論社会学に関する最新ブログ、ユーチューブなどネットからの口コミ情報をまとめてみると…
  1. 2007/12/14(金) 07:56:24 |
  2. クチコミコミュニケーション
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。