『MICHIYOSHI NAOE』The first MODE Laboratory

『モードの流動・稼動』 21世紀のモードの新たな展望を切り開く 「衣服+身体」「コスメ+身体」を科学する。モダンカルチャーを科学する。 ファッション・社会文化研究 脳科学とファッション

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

スタイリスト菊池京子


2010年3月21日
TBS
ONAIR
『情熱大陸』
特集
「ファッションスタイリスト菊池京子
女性たちを元気にする
洋服選びのカリスマ」

ここ数年、カーゴパンツ等当たり前のように女性がはくようになった。
このスタイルを築き上げたファッションスタイリスト菊池京子。
彼女のモットーは
「SIMPLE×BASIC」。
これは彼女の著者
『TOKYOBASIC』のなかに
表現されている。
彼女のスタイリストとしてのコーディネート。
女性たちに自然に受け入れられている。
BLACK×BLACK等
当たり前のように着ている女性たち。
それもまた菊池京子の業績でもある。
また
SIMPLE、BASICにこだわるのは彼女のの生き方そのもの。
彼女のコーディネートには、つねにストーリーがある。妄想と言っても過言でない。
それが女性たちに人気なのである。
イタリアミラノコレクションやパリコレクションなどにもスタイリストとして活躍する。
菊池京子、それは、日本のファッション史に
確実に名を連ねる
カリスマスタイリストなのだ。
女性たちの現在のファッションスタイルは、菊池京子が提唱したものと言える。その功績は大きい。
(上記はあくまでも私の主観的意見を要約したものである。)
------------「The first MODE Laboratory HP。」
------------http://10740828.blog123.fc2.com/
『NAOEMODE』
------------「The second MODE Laboratory HP。」
------------http://d.hatena.ne.jp/naoemode/
『NAOEMODE』
-------------MICHIYOSHI NAOE「愛」
-----------
スポンサーサイト
  1. 2010/03/22(月) 18:03:38|
  2. ファッション文化論・心理学・ビジネス論
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<衣料品、各社がもう夏商戦 | ホーム | TAKANO YURI(たかの友梨)×沢尻エリカ>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://10740828.blog123.fc2.com/tb.php/579-65dfb0b4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。