『MICHIYOSHI NAOE』The first MODE Laboratory

『モードの流動・稼動』 21世紀のモードの新たな展望を切り開く 「衣服+身体」「コスメ+身体」を科学する。モダンカルチャーを科学する。 ファッション・社会文化研究 脳科学とファッション

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

新モテスーツCanCam4月号より

2010年CanCam4月号より。
pp154-157

「春デビューに
マストな新モテスーツ
今、新モテガールに
人気なのは上品、スッキリ、機能性のエレガントスーツ。
サイズもラインナップも豊富にそろうAOKIなら、
女友達にも先輩にも上司にもホメられちゃう。
最愛スーツが見つかります。」

あくまでも私の主観的意見だが、
上記の法則にしたがうなら
最近は、ギャルメイクにスーツといったTPOが
理解出来ていない
コーディネートが多い。
ギャルメイク的眼チカラメイクで、金髪。
なのに、
ブラックスーツ。
文化としてのファッションは、付加価値がある。
しかし、社会規範としてのファッションではない。
現代社会を生き抜く術、つまりツールとしては、価値を見出だす事が出来るのだろう。
アフター5なら。
アイデンティティ確立としてのTPOとは何か
我々は問い直す必要があるだろう。

追記
日本水泳連盟が
次回のオリンピックで
「茶髪、ネール、ピアス」をしているものは、
出場させない、禁止、
と明言したように。

身体表象を問い直す意味は、充分に価値がある。
------------「The first MODE Laboratory HP。」
------------http://10740828.blog123.fc2.com/
『NAOEMODE』
------------「The second MODE Laboratory HP。」
------------http://d.hatena.ne.jp/naoemode/
『NAOEMODE』
-------------MICHIYOSHI NAOE「愛」
-----------
スポンサーサイト
  1. 2010/02/21(日) 13:47:36|
  2. ファッション文化論・心理学・ビジネス論
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<糸からつくるAOKIのスーツ | ホーム | 木村カエラ×安田成美>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://10740828.blog123.fc2.com/tb.php/542-1161f957
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。