『MICHIYOSHI NAOE』The first MODE Laboratory

『モードの流動・稼動』 21世紀のモードの新たな展望を切り開く 「衣服+身体」「コスメ+身体」を科学する。モダンカルチャーを科学する。 ファッション・社会文化研究 脳科学とファッション

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

続き・LUXURY(ラグジュアリー/贅沢な、豪華な)et Lingerie(女性の装飾的な下着)-文化と企業-ワコールー

て、その女学生は、とてもお洒落でしたので、アパレル業界に進むのかと思ったら、小さな頃からお世話になっている病院へ就職した。人の痛みがわかるのだ。ワコールの下着のファッションショーを小島よしおなどいまをときめく芸人やモデルが出演してホットパンツなどはくだけで痩せる下着など紹介して盛り上がった。ワコールの企業の経済収益については、ここでは言えないが、医療関係もアパレル関係も、文化という人のこころの問題を救済できる、信頼おける機関は、文化も経済もしっかりと成立した企業であると確信した。このような学問領域を日本では
目をそむけに、偏見をもたずにまっこうから取り上げるべきた。幾日か前にも記載したが「法と文化」の理解が世論に受け入れられてない理解しようとしないののだ。
だからこそ、ワコールのLUXURY(ラグジュアリー/贅沢な、豪華な)な Lingerie(女性の装飾的な下着)は、これからも、たくさんの人々のこころも助けるだろう。
このように、文化と企業の結び付きは、ますます凝固に結び付き、新たな地平を切り開くのである。(関係者の皆様に、不適格な言及がありましたらお許し下さい。)当たり前のようにあるものを、ちょっと見方をかえてみる必要があると思う
スポンサーサイト
  1. 2007/11/08(木) 04:38:59|
  2. 人間学・人間科学・生活環境論
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
<<UNIQLOがイギリスに出店!来月、12月には、Parisにも。その行方は。 | ホーム | LUXURY(ラグジュアリー/贅沢な、豪華な)et Lingerie(女性の装飾的な下着)-文化と企業-ワコール->>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://10740828.blog123.fc2.com/tb.php/53-04dfe79e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます
  1. 2007/11/08(木) 19:49:21 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。