『MICHIYOSHI NAOE』The first MODE Laboratory

『モードの流動・稼動』 21世紀のモードの新たな展望を切り開く 「衣服+身体」「コスメ+身体」を科学する。モダンカルチャーを科学する。 ファッション・社会文化研究 脳科学とファッション

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ファッション・モードの定義の続き

と思います。この研究領域に入ると、本当にファッション・モードを定義するとなると理論的な暴力、危険なニュアンスに足を運んでしまうのかもしれません。本当に「人類共通の価値基準」なんてありえないと思います。私は、簡単にこのような定義かと解釈いたしました。
どうでしょうか。上記のような定義についてのご教授でしょうか。
3番目は、もっとプリミティブな、原始的、あるいは、ファッション・モードとアートを繋ぐ作業のような意味合いも含んでるのかと思います。そんな研究が出来たら、なんと嬉しいことかと思います。今度とも、
ご教授・ご鞭撻よろしくお願い申しあげます。今後の課題とさせていただきます。感謝御礼。
スポンサーサイト
  1. 2007/11/03(土) 09:53:38|
  2. ファッション・モード・デザイン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<携帯戦争、CM対決「LISMO_VS_DoCoMo」 | ホーム | 拝復・ファッション、モードの定義について>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://10740828.blog123.fc2.com/tb.php/41-a8e2fc81
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。