『MICHIYOSHI NAOE』The first MODE Laboratory

『モードの流動・稼動』 21世紀のモードの新たな展望を切り開く 「衣服+身体」「コスメ+身体」を科学する。モダンカルチャーを科学する。 ファッション・社会文化研究 脳科学とファッション

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

とんがり靴男急増中

2009年7月9日、フジテレビ『めざましテレビ』
特集「ここ調」
テーマ「トンガリシューズ」
ここ数ヶ月、渋谷等で、「トンガリシューズ」を履いている男性が多い。調査の結果、7割程度だそうだ。男性には、好評。女性には、かなりの不評であるとインタビューで答えていた。男性には、足が大きく見え、ヒールが高く、足が長く見えるのが利点である。しかし、階段等で、「トンガリシューズ」の先の革がめくれるのが不便だそうだ。男性の視点とは違い、女性にはなかなかそのような理由が理解できないようである。

あくまでも私の主観であるが、「トンガリシューズ」は、2年くらい前から、コムサ等のブランドで特に白い靴で売り出されている。最近は、ブライダル等、女性のウエディングドレスとともに男性の白い「トンガリシューズ」や黒い「トンガリシューズ」が人気を博していることを明示しておきたい。
スポンサーサイト
  1. 2009/07/11(土) 19:58:07|
  2. 身体表象・表文化象メディア論身体社会学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<メンズ化粧品の年間売上額 | ホーム | ファッション雑誌『CanCam』研究>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://10740828.blog123.fc2.com/tb.php/369-cd52957f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。