『MICHIYOSHI NAOE』The first MODE Laboratory

『モードの流動・稼動』 21世紀のモードの新たな展望を切り開く 「衣服+身体」「コスメ+身体」を科学する。モダンカルチャーを科学する。 ファッション・社会文化研究 脳科学とファッション

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ドイツでヒップの世界大会「身体表象論」

ドイツのミュンヘンで、ヒップ(お尻)の美を競う世界大会があった。世界各国から、男女問わず、参加したそうだ。優勝者には、日本円で165万円とヒップのモデルの確約と保険が受賞されたという。
ここで肝心な事は、時代が新たな「身体表象論」を求めている、あるいは、その起爆剤となっていることだ。
われわれは、何を求めて、ヒップに着目しているのか。これまでにない身体意識であると思う。
学術、学問的に、とかく偏見を持ち意味向かい合わない人たちには、その身体表象の意味の変遷、未来を問う必要があることを示唆、問題提供しておこう。
そうした新たな学問領域が開設される必要がある。
スポンサーサイト
  1. 2007/11/02(金) 16:08:47|
  2. 身体表象・表文化象メディア論身体社会学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ドイツでヒップの世界大会「身体表象論」 | ホーム | 建築・デザイン・模型>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://10740828.blog123.fc2.com/tb.php/36-a41fd14c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。