『MICHIYOSHI NAOE』The first MODE Laboratory

『モードの流動・稼動』 21世紀のモードの新たな展望を切り開く 「衣服+身体」「コスメ+身体」を科学する。モダンカルチャーを科学する。 ファッション・社会文化研究 脳科学とファッション

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ラグジュアリー展プレ・セミナーに参加して

2008年12月12日、京都会館にて「ラグジュアリー:ファッションの欲望」展プレ・セミナーが財団法人京都服飾文化研究財団(KCI)主催で開催されました。
セミナーのレジュメをより内容を紹介させていただきたく思います。(以下)

次第は、
「西欧文化におけるラグジュアリー」樺山宏一(東京大学名誉教授、印刷博物館館長)
「解読される衣装:美術館でのファッション展のゆくえ」河本信治(京都国立近代美術館学芸課長)
「展覧会概要」
深井晃子(京都服飾文化研究財団チーフ・キュレーター)

深井晃子氏の言説が大変興味深く後ほど掲載できるところをpick upさせていただきます。
尚、レリーフより
「゛ラグジュアリー゛ファッションの欲望
私はいかにしてラグジュアリーに魅了され、それを愛するようになったか・・・Luxury in fashion reconsidered」2009年4月11日~5月24日
京都国立近代美術館
特別協力:株式会社ワコール
協力:メゾン
マルタンマルジェラ


次号へ続く
------------「第1モード研究所。ホームページ。」
------------http://10740828.blog123.fc2.com/
『NAOEMODE』
------------「第2モード研究所。ホームページ。」
------------http://d.hatena.ne.jp/naoemode/
『NAOEMODE』
-------------------------
スポンサーサイト
  1. 2008/12/12(金) 21:22:16|
  2. ファッション文化論・心理学・ビジネス論
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<フランス食文化 | ホーム | 西友の広告戦略>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://10740828.blog123.fc2.com/tb.php/332-e4c4032d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。