『MICHIYOSHI NAOE』The first MODE Laboratory

『モードの流動・稼動』 21世紀のモードの新たな展望を切り開く 「衣服+身体」「コスメ+身体」を科学する。モダンカルチャーを科学する。 ファッション・社会文化研究 脳科学とファッション

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

日本最大ショッピングセンター

(著者直江が提唱する新たな研究領域)『ファッション観光論』
2008年10月2日、埼玉県越谷市に日本最大級のショッピングセンターがオープン。
その名は、「越谷イオンレイクタウンショッピングセンター」。566店舗数。東京ドーム20個分の広さである。
トレンドの発信地「KAZE」と「MORI」にわかれている。
前者は、20代を中心とするファッションに興味のある若者をターゲットに。後者は、団塊の世代と子供を中心としたファミリーをターゲットに。ネイルサロンや子供向けショップも併設。
「KAZE」と「MORI」を繋ぐモールは1キロ。
広大なショッピングセンターを迷っている人のために案内係は「ゼグウェイ」を利用し消費者の潤滑油となっているという。

近年は、海外の修学旅行や観光客の訪れる場所としてこのようなショッピングセンターが組まれているという。

同時に、日本国内でも、都内の専門学校や短大・大学の観光学部の研修場所として様々なカリキュラムが組まれているそうである。

軽井沢ショッピングプラザが、2008年11月にラグジュアリースケールアップをする。

すべての年代をターゲットにするために「ファッション」と「観光」を結び付けショッピングを楽しむ傾向は、越谷や軽井沢以外にも日本各地で盛況である。

本ホームページでも提唱しているがこれを著者直江が開拓している新しい研究領域「ファッション観光論」として展開している。

様々なダイナミズムの仕掛けが今後も繰り広げられるとのことである。

平日は、10万人。週末、祝祭日には20万~30万人が訪れると予測されている。

本ホームページの目的にも記載してありますが、福山雅治主演『ガリレオ』のなかで天才物理学者湯川学が指摘しているように「すべて現象には必ず理由がある」。ファッション学も同様であり、それを実証することが「実に面白い」のである。(「」内の言葉は、『ガリレオ』の引用である。)
言うまでもなく、「ファッション観光論」の根幹とは、越谷レイクタウンが象徴するように、地域活性化、「街づくり」である。
ただ今、上記文章推敲中。
------------「直江道愛、第1モード研究所。ホームページ。」
------------http://10740828.blog123.fc2.com/
『直江道愛、NAOEMODE』
------------「直江道愛、第2モード研究所。ホームページ。」
------------http://d.hatena.ne.jp/naoemode/
『直江道愛、NAOEMODE』
-------------------------
スポンサーサイト
  1. 2008/10/02(木) 18:23:26|
  2. (著者直江自身が提唱する)ファッション観光論・ブランドホテル論・観光ホテル空間プロデュース論
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<ファッション学とは | ホーム | ファッション文化論(メガネ)>>

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
  1. 2008/10/05(日) 02:13:11 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
  1. 2008/10/06(月) 15:52:43 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://10740828.blog123.fc2.com/tb.php/312-385174cd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。