『MICHIYOSHI NAOE』The first MODE Laboratory

『モードの流動・稼動』 21世紀のモードの新たな展望を切り開く 「衣服+身体」「コスメ+身体」を科学する。モダンカルチャーを科学する。 ファッション・社会文化研究 脳科学とファッション

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

(3)空飛ぶファッションショー「ファッション観光論」

ちなみに、女子大学の人気No.1の職業は、JTBである。また、上戸彩が主演したドラマ『キャビンアテンダント』の客室乗務員やグランドホステスは、制服、メイク、ヘアーメイク、スカーフなど、ファッションの一部として大人気である。また、客室乗務員は、その国の民族・地域・ファッション性が現れるので、「空飛ぶファッションショー」と呼ばれて過言でない。なぜなら、歴史的に見て、客室乗務員の制服ほど、時代を反映した表現形態はないからだ。空飛ぶファッションショーは、グローバルなモードであることは間違いない!

備考・・・客室乗務員は、
1年の研修を経れば誰でもなれるので、是非、チャレンジして欲しい。
スポンサーサイト
  1. 2007/10/31(水) 22:18:27|
  2. ファッション観光学(キャビンアテンダンド、グランドホステス、ホテル制服論)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ファッション観光論返答です。 | ホーム | (2)観光とファッション「ファッション観光論」(著者直江が提唱する新たな学問領域)>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://10740828.blog123.fc2.com/tb.php/31-6ab34bc3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。