『MICHIYOSHI NAOE』The first MODE Laboratory

『モードの流動・稼動』 21世紀のモードの新たな展望を切り開く 「衣服+身体」「コスメ+身体」を科学する。モダンカルチャーを科学する。 ファッション・社会文化研究 脳科学とファッション

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

消費社会とマーケティング

東伸一著ほか『消費社会とマーケティング』(ブランド・広告・ファッション・産業クラスター)
第1章ブランド論
消費と流行
ブランドの定義
ブランドの消費
リサイクル・ブランドを求める心的構造の変化
ブランド論の今後について
第2章、消費者の行動と心理分析
消費者行動について
消費者の心理分析
若い消費者の行動の変化
今後の消費者行動研究

第3章、消費を生む広告効果
アート的な映像広告の売る仕掛け
広告研究の3つの流れ
戦後日本の広告表現の移り変わり
娯楽や鑑賞の対象としての映像広告
映像広告のアナロジー
映像広告とアート映像
本章の目的
仮設
研究方法
結果と考察
結論、および残された課題

第4章、ファッション・ビジネス論
ケーススタディについて
ケース「リンク・セオリー・ホールディングス」
ケース「ハニーズ」

第5章、ファッション産業の展開とファッション学から考えるマーケティングの視点
日本のファッション産業の現在
ファッションのふたつの顔
ファッション産業とマーケティング
結びにかえて

第6章、産業集積に関する古典的理論
はじめに
マーシャルによる産業集積論
ウェーバーによる工業立地論
まとめ

第7章、マーシャルによる産業集積論の系譜と産業クラスター論への展開
はじめに
マーシャルの産業集積論についての考察
ピオリとセーブルによる柔軟な専門化論
ポーターによる産業クラスター論

上記、概要引用抜粋。

あくまでも私の主観的な意見であるが、心理学的な考察の視点あっての研究分析であると言える。その理論があるからこそ、論の展開が理解できる。実に面白い。
------------「直江道愛、第1モード研究所。ホームページ。」
------------http://10740828.blog123.fc2.com/
『直江道愛、NAOEMODE』
------------「直江道愛、第2モード研究所。ホームページ。」
------------http://d.hatena.ne.jp/naoemode/
『直江道愛、NAOEMODE』
-------------------------
スポンサーサイト
  1. 2008/03/23(日) 13:04:35|
  2. 保育学・発達心理学・教育心理学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<『それでも生きる子供たちへ』 | ホーム | 子育て誰に頼る?(1)>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://10740828.blog123.fc2.com/tb.php/271-bad8e314
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。