『MICHIYOSHI NAOE』The first MODE Laboratory

『モードの流動・稼動』 21世紀のモードの新たな展望を切り開く 「衣服+身体」「コスメ+身体」を科学する。モダンカルチャーを科学する。 ファッション・社会文化研究 脳科学とファッション

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

アパレル業界就職宣戦異常なし、日テレ鈴江奈々アナのセンスを要チェック!

はや既に、大学3年生など就職活動がはじまっている。アパレル、コスメ業界に就職希望するひとは、『ファッション界就職読本』(星雲社)をお勧めしたい。肝心な事は、早め早めである。上記の本に書かれているように、「おもいっきりの笑顔で、前歯6本出して、目線を相手にしっかりむけて、大きな声で自分の魅力を思う存分発揮する」ことである。身嗜みであるが、ジーパン会社以外は、身につけない事。アパレル・コスメ会社の人事の人に失礼がないことは、お客様にも失礼がない。ではどのように自己を表現したらよいだろうか。
よく好きな女優、アイドル
、モデルを聞かれる事がある。私は、日テレの鈴江奈々アナを着目している。ファッション・コスメのセンスは、抜群である。ニュース番組では、モノトーンで、ヘアーメイク、アクセサリー、メイク、どれをとっても文句なし。全部を強調するのではなく、どれかひとつをキラリと強調させるように着飾っている。パントマイムのようだ。
意外と大学の就職課では、鈴江奈々アナをモデルにした就職指導をあまりされていないようだ。ちなみに、鈴江奈々アナの空間を通る声・笑い声も魅力的で素敵である。
そんな素敵な業界人になって欲しいと切に願いたい。
スポンサーサイト
  1. 2007/10/31(水) 12:25:34|
  2. 人間学・人間科学・生活環境論
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
<<モードと商業広告、メッセージ付与とマスメディア論 | ホーム | 冬季節、ビール派?>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://10740828.blog123.fc2.com/tb.php/27-b0c18a69
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます
  1. 2007/10/31(水) 16:30:45 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。