『MICHIYOSHI NAOE』The first MODE Laboratory

『モードの流動・稼動』 21世紀のモードの新たな展望を切り開く 「衣服+身体」「コスメ+身体」を科学する。モダンカルチャーを科学する。 ファッション・社会文化研究 脳科学とファッション

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

企業における保育所の開設の試み

2008年3月19日、フジテレビ『めざましテレビ』の特集で「保育所」の問題について取り上げていた。
最近では、夫婦共働きで、母親が、働きたいと希望する女性が多い。
駅に保育所が開設される試みが多く、夫でも仕事帰りに子供を迎えに行く事ができる。時間的な利便性故に月に6万かかるが、まだまだ保育所が足りない状況であるという。
女性主動の企業、例えば、真珠関係の企業やデパートでは、保育所を開設し、無料で子供を引き受ける傾向にあるという。
女性が出産を期に退社されてしまうと、女性主導の企業は、たちまち人材不足に陥るというのだ。
ならば、自社に保育所を設け、直ぐに子供と会える環境ならば、安心して働け、安心して育児にもあたることが出来るというのだ。
コメンテーターは、「少子化対策にもなる」と企業の保育所開設の試みを高く評価していた。
子供支援、家族社会学、人間発達学や幼児教育の重要性をあらためて感じるのであった。
------------「直江道愛、第1モード研究所。ホームページ。」
------------http://10740828.blog123.fc2.com/
『直江道愛、NAOEMODE』
------------「直江道愛、第2モード研究所。ホームページ。」
------------http://d.hatena.ne.jp/naoemode/
『直江道愛、NAOEMODE』
-------------------------
スポンサーサイト
  1. 2008/03/20(木) 00:55:54|
  2. 保育学・発達心理学・教育心理学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<鈴木みゆき著作(保育論) | ホーム | ジェンダーがわかる>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://10740828.blog123.fc2.com/tb.php/268-7618d772
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。