『MICHIYOSHI NAOE』The first MODE Laboratory

『モードの流動・稼動』 21世紀のモードの新たな展望を切り開く 「衣服+身体」「コスメ+身体」を科学する。モダンカルチャーを科学する。 ファッション・社会文化研究 脳科学とファッション

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

『コミュニケーション学がわかる』(人間発達科学)

『コミュニケーション学がわかる』

あくまでも私の主観的意見であるが、以下の内容のように、コミュニケーション学は、「アプローチ」の仕方が知的好奇心をよび、様々な具体的事例へと展開して行くのが面白い。
以下参照。(直江道愛)


コミュニケーション学への誘い
「話せばわかる」は本当か原島博(補足、日本顔学会会長、東京大学大学大学院工学研究科教授、私(直江)も日本顔学会所属会員なので紹介)

「会話」
自己開示-「私」を伝え、「私」を知り、「私の物語」は変容する
笑い-コミュニケーションの特効薬
「視線」-目と目が合えば、人間関係が生まれる
「身体コミュニケーション」-人の「出会い」はどこから生じるのか
「外国語」-「正確さ」よりも「通じさせる力」


「暮らし」
「人づきあい」-「ものごと」にひそむ「尊重」と「自尊」
「病院」-患者の不安を軽減するには
「住宅介護」-受容と解決志向アプローチ
など、ほか多数


「子ども」
「発達」-赤ちゃんが対話を身につけるまで
「学校」-子どもを黙らせない仕掛けを
「テレビとゲーム」-子どものメディア・リテラシー
「ひきこもり」-関係性の希薄化がもたらすもの
「少年非行」-対話がすべてのはじまり

「仕事」
「消費者」-営業スマイルと自然な笑顔、どちらが有効
ほか、多数


「テクノロジー」
「携帯電話」-孤独の迷宮と「親指コミュニケーション」
「メール」-孤独恐怖とコンビニ的人間

など、多数


「アプローチ」
「社会学」-人間関係から社会関係へ
「メディア論」-現代メディアの知とは
「言語哲学」-人間は「討議を交わす動物」である
「社会心理学」-「親密な関係」はどうつくられるか
「臨床心理学」-他者とどのように理解するのか
「精神病理学」-ディス・コミュニケーションから見えるもの
「文化人類学」-「違い」を理解することが理解への道筋
「動物行動学」-利己的な行動が利他主義に通じる
「認知心理学」-「状況」のタクソノミイ
ほか

アエラムック『コミュニケーション学がわかる』より概要上記引用抜粋。

------------「直江道愛、第1モード研究所。ホームページ。」
------------http://10740828.blog123.fc2.com/
『直江道愛、NAOEMODE』
------------「直江道愛、第2モード研究所。ホームページ。」
------------http://d.hatena.ne.jp/naoemode/
『直江道愛、NAOEMODE』
-------------------------
スポンサーサイト
  1. 2008/03/13(木) 10:48:48|
  2. 教育学・臨床心理学・人文社会学・家政学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<内田雅人訳・『日常生活の行動原理ー学習理論からのヒント』(心理学)推薦図書 | ホーム | 心理学的リハビリテイション推薦図書>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://10740828.blog123.fc2.com/tb.php/247-836d003e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。