『MICHIYOSHI NAOE』The first MODE Laboratory

『モードの流動・稼動』 21世紀のモードの新たな展望を切り開く 「衣服+身体」「コスメ+身体」を科学する。モダンカルチャーを科学する。 ファッション・社会文化研究 脳科学とファッション

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

社会学のフィールドワーク

「社会学はつねに境界を越えていく。
なぜなら、
それは開拓者のさだめだからだ。
あやしさとあやふやさを見つめながら
社会学はゆらぐ。
本質的な切実な問題を追い求め、
自らもゆらぎ続け、
境界は引き直していく。
フロンティアとしての宿命がそうさせるのだ。」

社会学フィールドワークの魅力。
「同時代的に」(目的は「自己を知ること」にある)
「生活環境主義」(フィールドワークの試行錯誤が生み出すモデル)


「エスシニティ」(見えなかった世界が異なる視点から見えてくる過程を体験する)

「地域社会」(「旅」であり「異化する」作業として)

「大衆演劇」(ひょんなことから役者体験的フィールド調査)

「オーラルヒストリー」(個人が人生に与えた意味づけをいったんくぐり抜ける)

「会話分析」(「ちょっとしたこと」をすべて見過ごしてはならない)

「エスノグラフィー」(なまの体験から何をくみとりどのように書くか)

アエラムック『新版社会学がわかる。』(朝日新聞社)より上記概要抜粋。
------------「直江道愛、第1モード研究所。ホームページ。」
------------http://10740828.blog123.fc2.com/
『直江道愛、NAOEMODE』
------------「直江道愛、第2モード研究所。ホームページ。」
------------http://d.hatena.ne.jp/naoemode/
『直江道愛、NAOEMODE』
-------------------------
スポンサーサイト
  1. 2008/03/11(火) 18:46:31|
  2. 教育学・臨床心理学・人文社会学・家政学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<教育学がわかる | ホーム | 心理学・推薦図書>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://10740828.blog123.fc2.com/tb.php/240-0bf42de4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。