『MICHIYOSHI NAOE』The first MODE Laboratory

『モードの流動・稼動』 21世紀のモードの新たな展望を切り開く 「衣服+身体」「コスメ+身体」を科学する。モダンカルチャーを科学する。 ファッション・社会文化研究 脳科学とファッション

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「着る」心に着目『色選びからはじめるオシャレ』人を「見る」人に「見られる」心理学

伊豆原月絵著(学術博士、大阪樟蔭女子大学、准教授)『色選びからはじめるオシャレ』(東京堂出版、2006年、内容詳細以下のアドレスより参照)

http://bookweb.kinokuniya.co.jp/imode/wsea.cgi

あくまでも私の主観的な意見だが、心理学のなかでも色の占める比重は、大きい。
人間は、生まれてどんな色の環境のなかで育ってきたかで、青年期、高年齢期への段階への成長過程が変わってくる。
感受性、自己表現、他者への第1印象、パーソナルカラー(自分に似合う色)、コミュニケーション(対人・環境)、衣食住ライフスタイルの在り方、心身障害者への心理学的なリハビリテーションなど、日常の消費者心理、企業戦略のカラーマーケティングまで。

上記著者の著書は、単なる解説だけでなく、トレーニングもできる代物である。
是非、推薦図書として取り上げたい。
------------「直江道愛、第1モード研究所。ホームページ。」
------------http://10740828.blog123.fc2.com/
『直江道愛、NAOEMODE』
------------「直江道愛、第2モード研究所。ホームページ。」
------------http://d.hatena.ne.jp/naoemode/
『直江道愛、NAOEMODE』
-------------------------
(対人)
スポンサーサイト
  1. 2008/03/07(金) 19:37:46|
  2. 若者論(こころとからだの諸問題)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<POWER OF MUSIC(2)「世界の子供たちの笑顔を守る」絢香主催 | ホーム | 小児癌の子供たちを救いたい。アーティスト絢香の心理学にみる心身リハビリテーションの試み。絢香「世界の子供たちに笑顔を」>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://10740828.blog123.fc2.com/tb.php/231-50aecc75
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。