『MICHIYOSHI NAOE』The first MODE Laboratory

『モードの流動・稼動』 21世紀のモードの新たな展望を切り開く 「衣服+身体」「コスメ+身体」を科学する。モダンカルチャーを科学する。 ファッション・社会文化研究 脳科学とファッション

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

国際服飾学会シンポジウム

非会員の方も参加できるそうなので、以下の掲載をお許しいただき紹介させていただきたい。



国際服飾学会中部・近畿・中国・四国ブロック研究会第1回「ファッションとボーダーシンポジウム」
テーマ 「装いにおけるボーダーレスと近・現代社会」
日 時 2008年3月8日(土)午後1時半0 4時  終了後懇親会(茶菓代 500円)
場 所 大阪樟蔭女子大学円形ホール(小阪キャンパス)

話題提供者 1.「1980年代以降の化粧と髪色の変化とボーダーレス」
&テーマ         村澤博人(大阪樟蔭女子大学) 化粧文化研究から 
パネリスト 2.「民族服飾の拡大" イスラム女性の服飾から" 」
岩崎雅美(奈良女子大学) イスラム服飾研究の立場から
3.「写真にみる近代アメリカ人の装い -ヨーロッパとのボーダー-」
濱田雅子(武庫川女子大学)アメリカ服飾史研究者の立場から
4.「オシャレ意識の変革 -見る・見られる-」           
       伊豆原月絵(大阪樟蔭女子大学)服飾美学の立場から
司 会 相川佳予子(元奈良女子大学教授 )


以上。

これは、あくまでも私の主観的な意見でありますが、人の心理的発達のなかでファッションは、大きく変化してくるのではないかと思います。あたりまえのことかもしれませんが、幼児教育から高齢者、社会福祉まで、人の心理発達科学のなかで、装いも変わってきます。ボーダレスとどのように関わってくるのか勉強させていただきたく思っています。

楽しみに参加させていただきたく、紹介させていただきました。
スポンサーサイト
  1. 2008/03/07(金) 18:56:35|
  2. 保育学・発達心理学・教育心理学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ベビーシッター講座 | ホーム | 『POWER OF MUSIC』絢香「世界の子供たちに笑顔を」>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://10740828.blog123.fc2.com/tb.php/227-cc110f7b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。