『MICHIYOSHI NAOE』The first MODE Laboratory

『モードの流動・稼動』 21世紀のモードの新たな展望を切り開く 「衣服+身体」「コスメ+身体」を科学する。モダンカルチャーを科学する。 ファッション・社会文化研究 脳科学とファッション

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

『POWER OF MUSIC』絢香「世界の子供たちに笑顔を」

2008年3月5日、日本テレビ『NEWS・ZERO』の連載企画。本ホームページでも、先週紹介した。
絢香主催のPOWER OF MUSIC。音楽の力で「世界の子供たちに笑顔を」の舞台裏にあった、ある小児癌と闘う少年とのドキュメンタリーであった。
ゆうき君と言う少年は、眼の裏に小児癌を発病してしまった。
みるみるまに、眼は晴れ上がり、視力を失ってしまった。
小児癌とは、15歳以下の子供たちの病を言う。
抗がん剤、放射線治療、髪の毛は抜けてしまい、副作用で嘔吐の連続だ。

日本の小児癌治療は、遅れている。そして、様々な諸問題を抱えている。
小児癌を担当する専門医師が少ないこと。
小児癌患者は、何十万人にひとりと症例が少なく、薬剤会社が、なかなか薬の開発に着手しないこと。
まだまだ問題はあるとのことだ。

キャスターである長島一茂は、ゆうき君の事例を上げ「体は、医療ビジネスの場で。心は、音楽の力で。」と絢香をはじめとするアーティストを評していた。

ゆうき君は、絢香に感謝の手紙を送る。
ゆうき君15歳、絢香20歳。若い力は、世界へ向けて、問い掛けている。

ゆうき君の発達心理学を考えると絢香の力がどれだけ大きいかわかる。

感受性豊かで、お洒落もしたい、友達とも、異性にも意識を持っている年齢である。

絢香は、ゆうき君に楽しんで行って欲しいと武道館LIVEに招待したそうだ。

まさしく、POWER OF MUSICだ。

音楽文化とはこうした意味なのだ。゛
この企画は、4夜連続だそうだ。

絢香のアーティストとしてのハートは、まさしく本物だ。

このページを使用させていただき、日本テレビNEWSZEROの企画が、子供たちの救済になる事を私も願い、紹介させていただき啓発したい。
------------「直江道愛、第1モード研究所。ホームページ。」
------------http://10740828.blog123.fc2.com/
『直江道愛、NAOEMODE』
------------「直江道愛、第2モード研究所。ホームページ。」
------------http://d.hatena.ne.jp/naoemode/
『直江道愛、NAOEMODE』
-------------------------
スポンサーサイト
  1. 2008/03/07(金) 18:53:34|
  2. 保育学・発達心理学・教育心理学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<国際服飾学会シンポジウム | ホーム | こどものこころとからだ(発達科学)>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://10740828.blog123.fc2.com/tb.php/226-8f47279c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。