『MICHIYOSHI NAOE』The first MODE Laboratory

『モードの流動・稼動』 21世紀のモードの新たな展望を切り開く 「衣服+身体」「コスメ+身体」を科学する。モダンカルチャーを科学する。 ファッション・社会文化研究 脳科学とファッション

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

京都呉服店の社会福祉の試み

昨日の朝のニュース番組である特集をしていた。
パラリンピックで卓球の選手を目指している人の話である。
卓球のプロを目指し練習を毎日していたところ、そこに努めていた練習場の女性と結婚した。
しかし、パラリンピック、プロを目指すためには、働きながら卓球の練習をするのでは、とても世界には通用しない。
現に、海外遠征で力の差を目の当たりにしたのだ。
プロになりたい。そして卓球をおもいっきりできる環境が欲しい。
そんな思いを京都のある呉服店の社長が、気持ちを汲み取り、スポンサーになったのだ。
本人は悩んだ。プロにはなれるが、収入は半減する。その時、奥さんが後押しをした。「卓球をしているあなたが好きである」と。
北京パラリンピックをいま目指している。
東京家政大学大学院教授、能澤慧子著『二十世紀モード』(講談社)の後書きで既に次の様に

「モードは高齢化社会のなかで、高齢者や障害者にどのように関わってきたのだろうか、あるいは今後どのように関わっていくのだろうか」

と指摘している。

ファッションの東京、ファッションの国日本と言われるなか、能澤慧子が示唆しているようなことは、世界からみれば、遅れていることは言うまでもない。

京都呉服店のような試みが必要なのである。
スポンサーサイト
  1. 2008/01/17(木) 06:10:07|
  2. ファッションと医療・介護・福祉・セラピー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<(観光・ホテル・ブライダル学)和の花嫁婚礼衣装 | ホーム | 祝福、井上康生選手東原亜希さんご結婚おめでとうございます。>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://10740828.blog123.fc2.com/tb.php/145-5c63cc9d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。