『MICHIYOSHI NAOE』The first MODE Laboratory

『モードの流動・稼動』 21世紀のモードの新たな展望を切り開く 「衣服+身体」「コスメ+身体」を科学する。モダンカルチャーを科学する。 ファッション・社会文化研究 脳科学とファッション

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

和服と浴衣

女子大学生など、成人式や卒業式でもう振袖を購入しているのでしょう。
浴衣や和服は、神田うのや蝦原友理などがデザインをしファッションの一部として流行しています。
しかし、浴衣などは本来、下着であって、花火大会などにアクセサリーや香水をつけて出かけるようになったのは平成になってからです。
和服の着物も昔は、雨合羽やコートとしてカジュアルにはおられていたので、そんなルーツも知っておくと面白いです。
十二単は、12枚着ていたのではなく十二分に着ていたと言う意味なのでそんな豆知識も覚えておくと良いですね。
スポンサーサイト
  1. 2007/10/26(金) 23:31:46|
  2. 人間学・人間科学・生活環境論
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<和服と浴衣 | ホーム | 和服と浴衣>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://10740828.blog123.fc2.com/tb.php/12-90eaf81d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。