『MICHIYOSHI NAOE』The first MODE Laboratory

『モードの流動・稼動』 21世紀のモードの新たな展望を切り開く 「衣服+身体」「コスメ+身体」を科学する。モダンカルチャーを科学する。 ファッション・社会文化研究 脳科学とファッション

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

21世紀は「観光の時代」新観光社会学・観光経営学概論

観光学を理解するためには、現代消費社会を理解していなければならない、と言う立場を私は取る。
私と同じく、ボードリヤール理論から観光学を展開していくことを提唱する(岡本伸之[偏]『観光学入門』参照・参考文献)
1観光と観光学
2観光の歴史
3観光と行動
4観光情報と観光情報産業
5観光と交通
6観光地と観光資源
7観光と環境
8観光と文化
9観光施設
10観光と経済
11観光消費
12観光政策
13観光と地域社会
14観光と風景
15観光産業と投資
など、きわめて研究領域の範囲、パースペクティブな視点を持って観光学に向かい合う必要がある。

また、若者や女性は、(直江が提唱する新しい領域)「ファッション観光論」(既に、一部掲載してあるので参照してほしい)を持ってしないと、これから観光学を学びたいと思う学生や観光産業の目まぐるしい変化や興味を持ってとりくめない。
既に、他のところで指摘したが、スーパーブランドと言われるところは、ホテルや観光産業に目をつけ経営戦略している。BVLGARIリゾートグループがその象徴だ。
ここで全てを論じることは出来ない。次回にひとつひとつ命題を説き明かして行こう。
スポンサーサイト
  1. 2007/12/25(火) 18:32:28|
  2. 観光学・ホテル学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<(若者論)ブライダルの文化社会学(ニューヨークで、トイレットペーパーのウエディングドレスで挙式) | ホーム | (ブライダルの文化社会学)「もてなし婚」の時代。>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://10740828.blog123.fc2.com/tb.php/116-3f1c60f9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。