『MICHIYOSHI NAOE』The first MODE Laboratory

『モードの流動・稼動』 21世紀のモードの新たな展望を切り開く 「衣服+身体」「コスメ+身体」を科学する。モダンカルチャーを科学する。 ファッション・社会文化研究 脳科学とファッション

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

(ダイエット)ファッションモデルの痩せすぎ

20081126134534
2008年11月26日、日本テレビ『ザ!世界仰天ニュース』(MC中居正広、鶴瓶、鈴江奈々アナ)「(内容)激ヤセ体重26キロの日本人女子大学生・・・恐怖痩せる自覚ない拒食症生命の危機」
(番組の主旨。欧米をはじめとするファッションモデルの死亡例や痩せすぎファッションモデルのポスター広告の反響。女性のダイエットの警鐘。拒食症について。食べないで痩せすぎに陥る危険性。まず、体内の「水分」が減少し、次に、「筋肉の萎縮」がはじまり、「脂肪」はなかなか燃焼されず、結果的に「免疫力」が下がり、様々な感染症にかかり死んでしまうこと。それは、拒食症患者が無意識に自覚症状がなく病状が悪化していくこと。番組内の例では、拒食症患者の女性の涙腺が上手く機能しなくなり、目の表面が粘着質になり、コンタクトレンズが上手く入れられなくなるところから、はじめて目が感染症にかかっている事に気付く。1番恐ろしい拒食症の根幹は、完治するのに5年、あるいはそれ以上時間がかかるということ。簡単に、食べればすぐに治る病ではないことを主張していた。)
内海真知子著『体重26キロ、体脂肪率』
詳細紀伊国屋書店URL参照http://bookweb.kinokuniya.co.jp/imode/wsea.cgi?W-NIPS=9983317036

ファッションモデルの痩せすぎ問題による死亡。現代女性の痩せすぎ問題。
何故、女性は、痩せたがるのか。
このような問題を取り組んでいるのが、株式会社ワコール人間科学研究所「乳房文化研究会」の諸先生方もです。
その研究会のテーマは、「女性のこころとからだを科学する」です。
詳細は、上記研究会ホームページ参照(割愛)。

あくまでも私の主観的意見ですが女性の身体と心理の問題は、社会情報などの規範との相関関係のなかで生じるものであります。
(女性の痩せすぎは、戦後より女性の身長が平均10センチも伸びているのに、出生体重の減少が年々増えている要因のひとつと言われている。子供の発育にも影響を与えている。)
本ホームページにも多々、ファッションモデルの痩せすぎや拒食症について掲載してありますので参照してみてください。

次号へ続く
(上記失礼がありましたらお許しください。)
------------「第1モード研究所。ホームページ。」
------------http://10740828.blog123.fc2.com/
『NAOEMODE』
------------「第2モード研究所。ホームページ。」
------------http://d.hatena.ne.jp/naoemode/
『NAOEMODE』
-------------------------
スポンサーサイト
  1. 2008/11/26(水) 22:45:35|
  2. ファッション文化論・心理学・ビジネス論
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ミシュランガイド東京2009(Michelinguide Tokyo restaurants&hotels)

20081122061457
ミシュランガイド東京2009(Michelinguide Tokyo restaurants&hotels)発刊。後ほどPICK UP

------------「第1モード研究所。ホームページ。」
------------http://10740828.blog123.fc2.com/
『NAOEMODE』
------------「第2モード研究所。ホームページ。」
------------http://d.hatena.ne.jp/naoemode/
『NAOEMODE』
-------------------------
  1. 2008/11/22(土) 15:15:00|
  2. ファッション文化論・心理学・ビジネス論
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

IKEA新店OPEN

20081122060505
IKEA新店OPEN。
後ほどPICK UP
------------「第1モード研究所。ホームページ。」
------------http://10740828.blog123.fc2.com/
『NAOEMODE』
------------「第2モード研究所。ホームページ。」
------------http://d.hatena.ne.jp/naoemode/
『NAOEMODE』
-------------------------
  1. 2008/11/22(土) 15:05:07|
  2. ファッション文化論・心理学・ビジネス論
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

軽井沢プリンスショッピングプラザ『NEW EAST GARDEN MALL』ラグジュアリーOPEN

新軽井沢ショッピングプラザ

軽井沢プリンスショッピングプラザ『NEW EAST GARDEN MALL』OPEN

(2)2008年11月14日、ついに軽井沢プリンスショッピングプラザが「ニューイースト・ガーデン・モール」として「ラグジュアリー」スケールアップオープンをする。(「プラチナ」スケールアップオープンバーゲン。「ラグジュアリー」と「プラチナ」の二つのキャッチフレーズを使っている。)

この話題は、軽井沢近郊だけでなく、はやすでに8月、私が乗車した東京都内沿線や埼京線をはじめとする埼玉沿線にも大々的に広告として情報が掲載されていた。

「ラグジュアリー」「プラチナ」と言う言葉は、日本語で簡単に言ってしまえば「豪華」と言った意味である。そんな高級感溢れるブランドが21店舗増床される。主なブランドは、
イタリアやフランスの欧米ブランドを中心に、メレーズ、ドルチェ&ガッバーナ(DOLCE&GABBANA)、ブルガリ(BVLGARI)、アルマーニ(ARMANI)、クロエ・シーバイクロエ、バーニーズニューヨーク、サルバトーレフェラガモ、トゥモローランド、ユナイテッドアローズ、ラルフローレン、ゼニア、ノルム、レオナール、ベル、ダンヒル等(特に今回は、フランスのブランドが日本で初めて「軽井沢プリンスショッピングプラザ」に多数出店しているのが、大注目である。もはや軽井沢は、「世界の軽井沢」と言われる所以はそこにもある。それは、軽井沢と言う自然との共生、リゾート、観光、食文化、ワインをはじめとする飲酒類、避暑地、スポーツ、美術、教会、ブライダル、そしてファッションも含む。)である。

このような、ショッピングプラザの試みは、「高級感」(モノのイメージ)と「大型化」(大量消費)が集客率増進の起爆剤と言える。つまり、地域活性化「街づくり」が求められる。
(国内最大級のリゾート軽井沢プリンスショッピングプラザ。OPEN当日は、550人が列び、フィギアスケート荒川静香氏がテープカット。今回は、6回目の増床。30%~70%引きのブランド賞品を求めて消費者は訪れる。関東圏近県からの集客が7割のなか、北陸新幹線開通により北陸地方の顧客の集客を求めている。)




(次号軽井沢プリンスショッピングプラザ「プラチナ」バーゲンに続く。)




(「備考」)
(1)軽井沢プリンスショッピングプラザの経緯については、本ホームページ2008年9月10日に、詳細を以下に添付掲載。
「ファッション文化論・ファッション観光論」
軽井沢プリンスショッピングプラザが2008・11・14・FRIスケールアップオープン。
「BVLGARI」や「バーニーズニューヨーク」、「ユナイテッドアローズ」等、旬を極める人気のブランドが出展ラッシュ予定。 1995年の開店当初(29店舗から)は、入店客60万人、年商売上高12億円でした。現在(昨年度決算)は、入店客850万人、年商売上高315億円と13年で、入店客14倍、年商売上高26倍と飛ぶ鳥を落とす勢いの急成長です。そのダイナミックな仕掛けは次の通りです。それは、「東京都24区軽井沢」と呼ばれるくら いに、新幹線で気軽に約1時間、そして、銀座や原宿表参道で売られている外資系ファッション・ブランドが出展ラッシュをしているからです。通称「軽井沢ファッション基地」とも呼ばれています。
 しかし、ここ数年、ガソリンの高騰などの様々な要因により、入店客数等が、横ばい状態が続いています。
 そこで、軽井沢ショッピングプラザは、長野や東京近郊の新幹線を利用し「観光」や「ファッション」を楽しむ家族や女性に、更なるスケールアップを準備中。
今回の増床により、217店舗と日本最大級のショッピングプラザになるとのことです。


------------「第1モード研究所。ホームページ。」
------------http://10740828.blog123.fc2.com/
『NAOEMODE』
------------「第2モード研究所。ホームページ。」
------------http://d.hatena.ne.jp/naoemode/
『NAOEMODE』
------------------------
  1. 2008/11/13(木) 17:10:23|
  2. ファッション文化論・心理学・ビジネス論
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

ファッション界の黒船日本2号店「H&M」DEVIDED原宿店オープン。

20081107222214

*1226096455*ファッション界の黒船「H&M」

2008年11月07日、日本テレビ『ZERO-銀座行列ファッション界の黒船デサイナー100人投入驚きの戦略』

H&M原宿店、2008年11月08日、オープン。
(雨のなか2000人列ぶ。キーワードは「低価格」。原宿という立地条件から若者をターゲットにポップカルチャーなファッションを展開。この戦略を「DEVIDED」という。)
(2008年11月15日、TBS『王様のブランチ』によれば、OPEN当日、「H&M」原宿2号店の来客数は、1万人におよんだと公表する。)

「デザイン×安さ」
現在のファッションは、2ヶ月でデザインが変わるので、ハイクオリティーなデザインで安い事が、ファッションマネジメントの稼動と利益を生むH&Mの戦略。(通常は、例えば、パリコレ等、オートクチュール・プレタポルテの各々年に2回のコレクションが基本となってファッションの流動がはじまる。)


デサイナー100人投入の理由は、毎日新しい商品を並べるから。商品の希少性・同じ商品を補充しない。消費者に飽きさせない商品、衝動買いをさせる商品を提供する事がH&Mの心理作戦としている。

ファッションデサイナー川久保玲コム・デ・ギャルソンとH&Mのコラボレーションによって高級感溢れるブランドイメージと安くてハイクオリティーな商品が手に入れることができるという情報戦略。
(日本テレビ『ZERO』のなかでも現在のファッションの稼動をユナイテッドアローズを例に指摘している。ユナイテッドアローズの「COEN」と言うブランドは、越谷レイクショッピングモールに出店しているが、ユナイテッドアローズのような高額な商品を扱うのではなく、ユナイテッドアローズの半額以下の値段で「H&M」的な「低価格」要素を取り入れファッションマネジメントを展開している。)
(「H&M」の詳細は、本ホームページより日本1号店「銀座店オープン」を参照。次号「H&M」は、日本3号店「渋谷店オープン」時に続く。)
等、話題沸騰!
------------「第1モード研究所。ホームページ。」
------------http://10740828.blog123.fc2.com/
『NAOEMODE』
------------「第2モード研究所。ホームページ。」
------------http://d.hatena.ne.jp/naoemode/
『NAOEMODE』
--------------
  1. 2008/11/08(土) 07:22:17|
  2. ファッション文化論・心理学・ビジネス論
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

NHKショップ店員の面接に密着

2008年11月05日、NHK『東京カワイイTV-超人気!ショップ店員の面接に密着』
いまや、ショップ店員は、「ショップガール」と言われるくらい、ファッションモデル並の人気である。ショップ店員を「カリスマ店員」と呼ぶ時代は、終わった。
渋谷・原宿の激戦区では、倍率200倍にもなるショップがある。
日本全国から、集まってくるのである。
また、全日本ショップ店員コンテストなるものまで男女問わず開催されているのである。

では一体、自己(ショップ店員)と他者(消費者)を理解し、ショップ店員としての技量を身につけて行く必要があるのか。
当然のことながら自分を上手く演出(身体表象)することは、前提条件である。
しかし、あくまでも私の主観的な意見だか、周知の如く、ショップ店員は、その店の顔であると言っても過言でない。
ショップ店員の一言、ショップ店員の着こなし、ショップ店員の振る舞いで、あるいは、顧客とのちょっとしたコミュニケーションで、消費者心理が変化してしまう。
それは、抽象的で難しい「心理学」的な知識や幅の広い現代社会の情報や社会構造を具体的に常日頃理解出来ているかといった「社会学」的かつ学際的な知識が必要なのである。

ますます、ショップ店員に課される時代の要求は、大きな比重を占めるだろう。

------------「第1モード研究所。ホームページ。」
------------http://10740828.blog123.fc2.com/
『NAOEMODE』
------------「第2モード研究所。ホームページ。」
------------http://d.hatena.ne.jp/naoemode/
『NAOEMODE』
-------------------------
  1. 2008/11/06(木) 19:01:36|
  2. 保育学・発達心理学・教育心理学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

紳士服って一体何?謎と定義!『ハンサム★スーツ』紳士服とは

20081104173816
鈴木おさむ原作『ハンサム★スーツ』が、谷原章介、ドランクドラゴン塚地、北川景子主演で、洋服の青山(AOYAMA)とコラボレーションで映画化された。
紳士服青木がテレビコマーシャルで上戸彩をヒロイン役として「もてスリム」と言う細めのスーツのキャッチフレーズを強調しているがこれは、紳士服の起源と実に奥深い結び付きをもっている。
深井晃子監修『世界服飾史』のなかで、石上美紀が、『男性の服飾』というテーマでつぎのように指摘している。
「「19世紀前半-ダンディズムの服飾」・・・19世紀初頭にダンディズムの思想が形成され、新しい紳士服の趣向が誕生した。ダンディズムの創始者とされるジョージ・ブランメル(1778-1840)」であると。
石上美紀は、「ダンディの服飾の第一の特徴は「衣服が身体にぴったりとあうこと」」「第二の特徴は「装飾は控えめ色は地味であること」」とも指摘している。200年前、紳士服の定義がこの頃確立されたことがわかる。
また、『19世紀後半-紳士服の定型化とカジュアル化』のなかでは、「世紀末にはズボンに折り目をつけることが一般化し、以来現在にいたるまでの習慣となっている。ズボンの裾の折り返しもこの頃現れた」と。(110-115頁参照。専門用語は、全部取り上げられないので省略。ネクタイの結び方も図版で掲載されている。)
上記をみてみると、最近、テレビや雑誌で見かける有名人が、今年流行の紫色のネクタイやアーガイル模様のベストを紳士服のジャケットのなかに着飾っているのが理解できる。

女性服の変化は、西洋東洋問わずデザインが激的に変わるなか紳士服がなかなか変化しない要因のひとつとしてジョージ・ブランメルのダンディズムがあることを忘れてはならない。

紳士服青木「もてスリム」スーツは、このダンディズムと奥深い関係を持っている。

ちょっとした知識が紳士服のオシャレを際立たせてくれる。

またこのような社会史を知っておくことは、映画を観に行くうえでもより面白みが生まれてくる。

紳士服の基本は、200年を経て、日本でも再認識されているのだ。実に面白いと思う。

北山晴一著『おしゃれの社会史』(朝日選書)にも詳しい。

次回は、映画『幸せになるための27のドレス』とウエディングドレスの起源を紹介出来ればと思う。
------------「第1モード研究所。ホームページ。」
------------http://10740828.blog123.fc2.com/
『NAOEMODE』
------------「第2モード研究所。ホームページ。」
------------http://d.hatena.ne.jp/naoemode/
『NAOEMODE』
-------------------------
  1. 2008/11/05(水) 02:38:17|
  2. ファッション文化論・心理学・ビジネス論
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。