『MICHIYOSHI NAOE』The first MODE Laboratory

『モードの流動・稼動』 21世紀のモードの新たな展望を切り開く 「衣服+身体」「コスメ+身体」を科学する。モダンカルチャーを科学する。 ファッション・社会文化研究 脳科学とファッション

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ルイ・ヴィトン・シティ・ガイド東京2009

20081031060331
2008年11月01日『ルイ・ヴィトン・シティ・ガイド東京2009』が発刊される。
ルイ・ヴィトンがアジアの起点として東京に着目しているからだと言われている。
先日話題になったミシュランは、セレブ的なイメージの内容であったが、ルイ・ヴィトンは、庶民的な意味合いも含めて衣食住ライフスタイルを紹介しているとの事である。
明日、発刊である。どのような社会現象や話題の旋風を巻き起こすのか楽しみである。
また、詳細は次回に譲る事にしたい。

紀伊国屋書店より上記詳細著書下記URLより
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/imode/wsea.cgi?W-NIPS=YK-0014232
------------「第1モード研究所。ホームページ。」
------------http://10740828.blog123.fc2.com/
『NAOEMODE』
------------「第2モード研究所。ホームページ。」
------------http://d.hatena.ne.jp/naoemode/
『NAOEMODE』
-------------------------
スポンサーサイト
  1. 2008/10/31(金) 15:03:33|
  2. ファッション文化論・心理学・ビジネス論
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

COMME CA ISM

株式会社ファイブフォックス、COMME CA ISM のキャッチフレーズ「ああ、日本の生活。」と「いくつありますか、あなたと家族の記念日?KIZUNAきずな」の二つに、秋冬を迎えた寒い季節に心温まる家族や人間模様を感じます。
  1. 2008/10/25(土) 18:51:37|
  2. 保育学・発達心理学・教育心理学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

東京カワイイテレビ(ネイル)

2008年10月22日、NHK『東京カワイイTV-ますます進化!ネイルテク最前線』

ネイルアートに興味あるかたは、「日本ネイリスト協会」で検索されると詳細な情報が得られます。
  1. 2008/10/23(木) 21:15:25|
  2. ファッション文化論・心理学・ビジネス論
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

ワコール定例研究会

2008年10月18日、株式会社ワコール本社京都にて、ワコール人間科学研究所「乳房文化研究会」。たくさんの示唆を教授していただきました。詳細できるところを掲載させていただきたく思います。西洋と東洋の文明的人間の営為の違いを垣間見る事ができました。後ほど。
  1. 2008/10/22(水) 18:50:38|
  2. ファッション文化論・心理学・ビジネス論
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

京都宇治源氏物語ミュージアムへ

2008年10月18日、京都府宇治市「源氏物語ミュージアム」へ。源氏物語千年記。宇治田楽等。平安時代の装束など。
後ほど。
  1. 2008/10/22(水) 18:42:27|
  2. ファッション文化論・心理学・ビジネス論
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ファッション界就職読本2009

20081014083450
推薦図書『ファッション界就職読本2009』(アパレル・ルーム・星雲社)
体験談、エントリーシートの書き方、服装、身嗜み、歯を8本出す満面の笑顔面接の仕方等



新卒・転職パソコン・携帯登録は下記URLから
http://www.apr.co.jp


紀伊国屋書店より推薦図書の詳細下記より
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/imode/wsea.cgi?W-NIPS=9983045001
------------「第1モード研究所。ホームページ。」
------------http://10740828.blog123.fc2.com/
『NAOEMODE』
------------「第2モード研究所。ホームページ。」
------------http://d.hatena.ne.jp/naoemode/
『NAOEMODE』
-------------------------
  1. 2008/10/14(火) 17:34:53|
  2. ファッション文化論・心理学・ビジネス論
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今年流行のファッションアイテム

2008年は、「パンスト誕生40周年。」
2008-9A/W FASHION COLLECTION女性の流行は、柄色のストッキングである。
少し、その40周年のルーツを社会的背景から辿ってみたい。
深井晃子監修『カラー版世界服飾史』(美術出版社)によれば、「ナイロンストッキングからパンティストッキングへ」のなかで次ぎのように述べている。

「1940年5月15日、女性用ストッキングとして全米で一斉に売り出されたナイロンストッキングは、怪我人が出るほどの騒ぎを引き起こした。後にこの日は「N-DAY」として記録される、戦争さなかでもあり、アメリカ以外の国でははきたくても入手困難だったナイロンストッキングをはいているように見せかけるため、パリの女性達のなかには、当時後ろ中央にシームが入っていたナイロンストッキングに似せて、素足のふくらはぎ中央に黒の線を引いたりするものもあった。
戦争が終わると「クモの糸よりも細く優美で鋼鉄よりも強い」ナイロンは、それまでの絹のストッキングにかわり世界中の女性を虜にした。50年代の高くて細かいヒールの靴の流行とともにシームはファッションの重要なポイントになったが、ミニスカートが流行する60年代になるとストッキングには大きな変化が見えはじめる。シームレスへ、さらには67年に大股半ばまでの短さになったミニスカートにはそれまでのストッキングをガーターベルトでつるすという方式では現実にあわなくなり、パンツと一続きの形態パンティストッキングが生まれた。7年からはエクササイズブームにより、厚手のパンティストッキングであるタイプの需要が高まった。」(170頁)

フランスのモード学者ボードリヤールは、このような流行を「ファッションはつねにレトロ、懐古趣味である」と述べている。

周知の如く、現代ファッションの流行のアイテムは、パッと生まれてくるのではなくこうした歴史的背景と深く関わっている事が理解できる。

今年流行の柄のストッキングにもそのことが理解できるのである。

詳細を下記に掲載させていただきます。
http://d.hatena.ne.jp/keywordmobile/%83p%83%93%83X%83g?guid=on
  1. 2008/10/11(土) 09:03:41|
  2. ファッション文化論・心理学・ビジネス論
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ルイ・ヴィトン ベッグトップパンツ

ルイ・ヴィトンベッグトップパンツ「こま形」抜群の存在感

2008年毎日ファッション大賞(主催、毎日新聞社)の選考委員でもあるファッションジャーナリスト永井友子によれば、「ペッグトップパンツ」(以下「」は永井友子の引用)が注目とのことである。
「ペッグトップとは「こま形」という意味。こまのように腰のあたりはゆったりし、すそに向かって細かくなったパンツのことで久しぶりの登場」とのことである。
ファッションジャーナリスト永井友子がなぜこのアイテムに焦点を当てているのか次ぎの通りである。

「今シーズンは、1980年代風テイストが一つの流れを作っている。大きな肩幅のジャケットやコート、ウエストを強調する太いベルトなどで、強い女性をアピール。当時のような鮮やかな配色ではなく、シックな色調でまとめているのが新しい」とのことである。

なかでもファッションジャーナリスト永井友子が「この秋冬に向けたコレクションの中で、1番印象に残ったのがルイ・ヴィトンのペッグトップパンツ。カーブ状の切り替えやタックなどのテクニックを駆使し、80年代の自由と強さのあるボリューム感を引き出した」ところだそうである。

ファッションジャーナリスト永井友子によれば「ペッグトップパンツを着こなすこつは、その特徴であるふくらみを生かしたコーディネートをすること。トップにはタイトなものを合わせ、パンツに入れて着る。ボリュームが下にあるため、襟の詰まったデザインを選んだり、ネックレスを添えるなど、高い位置にポイントを置くとバランスがまとまる」とのことである。

あくまでも私の主観的な意見であるがファッションジャーナリスト永井友子の鋭い言説に今後とも注目していきたい。

(上記、2008年10月9日、信濃毎日新聞社、17面より参考引用抜粋。)
  1. 2008/10/10(金) 16:52:11|
  2. ファッション文化論・心理学・ビジネス論
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ル・コルビジェ光りの遺産展

軽井沢メルシャン美術館にて「ル・コルビジェ光りの遺産展」2008年10月4日より開催。
  1. 2008/10/03(金) 18:42:31|
  2. ファッション文化論・心理学・ビジネス論
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ファッション学とは

福山雅治の言葉をかりてファッション学とは何かと述べると次の通りの立場をとる。
福山雅治主演『ガリレオ』のなかで天才物理学者湯川学が指摘しているように「すべて現象には必ず理由がある」。ファッション学も同様であり、それを実証することが「実に面白い」のである。(「」内の言葉は、『ガリレオ』の引用である。)
  1. 2008/10/03(金) 07:44:32|
  2. ファッション文化論・心理学・ビジネス論
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

日本最大ショッピングセンター

(著者直江が提唱する新たな研究領域)『ファッション観光論』
2008年10月2日、埼玉県越谷市に日本最大級のショッピングセンターがオープン。
その名は、「越谷イオンレイクタウンショッピングセンター」。566店舗数。東京ドーム20個分の広さである。
トレンドの発信地「KAZE」と「MORI」にわかれている。
前者は、20代を中心とするファッションに興味のある若者をターゲットに。後者は、団塊の世代と子供を中心としたファミリーをターゲットに。ネイルサロンや子供向けショップも併設。
「KAZE」と「MORI」を繋ぐモールは1キロ。
広大なショッピングセンターを迷っている人のために案内係は「ゼグウェイ」を利用し消費者の潤滑油となっているという。

近年は、海外の修学旅行や観光客の訪れる場所としてこのようなショッピングセンターが組まれているという。

同時に、日本国内でも、都内の専門学校や短大・大学の観光学部の研修場所として様々なカリキュラムが組まれているそうである。

軽井沢ショッピングプラザが、2008年11月にラグジュアリースケールアップをする。

すべての年代をターゲットにするために「ファッション」と「観光」を結び付けショッピングを楽しむ傾向は、越谷や軽井沢以外にも日本各地で盛況である。

本ホームページでも提唱しているがこれを著者直江が開拓している新しい研究領域「ファッション観光論」として展開している。

様々なダイナミズムの仕掛けが今後も繰り広げられるとのことである。

平日は、10万人。週末、祝祭日には20万~30万人が訪れると予測されている。

本ホームページの目的にも記載してありますが、福山雅治主演『ガリレオ』のなかで天才物理学者湯川学が指摘しているように「すべて現象には必ず理由がある」。ファッション学も同様であり、それを実証することが「実に面白い」のである。(「」内の言葉は、『ガリレオ』の引用である。)
言うまでもなく、「ファッション観光論」の根幹とは、越谷レイクタウンが象徴するように、地域活性化、「街づくり」である。
ただ今、上記文章推敲中。
------------「直江道愛、第1モード研究所。ホームページ。」
------------http://10740828.blog123.fc2.com/
『直江道愛、NAOEMODE』
------------「直江道愛、第2モード研究所。ホームページ。」
------------http://d.hatena.ne.jp/naoemode/
『直江道愛、NAOEMODE』
-------------------------
  1. 2008/10/02(木) 18:23:26|
  2. (著者直江自身が提唱する)ファッション観光論・ブランドホテル論・観光ホテル空間プロデュース論
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ファッション文化論(メガネ)

10月01日は、「メガネの日」です。
「1001」数字がメガネに見えてきませんか?
メガネひとつで、人の印象は変わります。
ファッションとしてのメガネの日、メガネに注目してみたいです。

日本メガネベストドレッサー賞受賞日でもあります。
ファッション文化論資料。
------------「直江道愛、第1モード研究所。ホームページ。」
------------http://10740828.blog123.fc2.com/
『直江道愛、NAOEMODE』
------------「直江道愛、第2モード研究所。ホームページ。」
------------http://d.hatena.ne.jp/naoemode/
『直江道愛、NAOEMODE』
-------------------------
  1. 2008/10/01(水) 12:12:40|
  2. ファッション文化論・心理学・ビジネス論
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ピンクリボンデー

*1222810147*ピンクリボンデー

本日、10月1日は、乳癌撲滅運動、「ピンクリボンデー」の日であります。
ファッションはもとより、いま「健康的な身体美」が論議されている時代です。日本女性癌の発祥率1番が「乳癌」です。
私達は、ライフスタイルも含め自身の身体をもう一度問い直してみる必要の重要性があります。
(男性も乳癌にかかるんです。)
ピンクリボンデー、乳癌詳細URL
http://d.hatena.ne.jp/keywordmobile/%83s%83%93%83N%83%8a%83%7b%83%93?guid=on
日本においては、株式会社 ワコール人間科学研究所「乳房文化研究会」で上記のような活動を行っています。ホームページで参照してみてください。

------------「直江道愛、第1モード研究所。ホームページ。」
------------http://10740828.blog123.fc2.com/
『直江道愛、NAOEMODE』
------------「直江道愛、第2モード研究所。ホームページ。」
------------http://d.hatena.ne.jp/naoemode/
『直江道愛、NAOEMODE』
-------------------------
  1. 2008/10/01(水) 06:36:22|
  2. ファッション文化論・心理学・ビジネス論
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。