『MICHIYOSHI NAOE』The first MODE Laboratory

『モードの流動・稼動』 21世紀のモードの新たな展望を切り開く 「衣服+身体」「コスメ+身体」を科学する。モダンカルチャーを科学する。 ファッション・社会文化研究 脳科学とファッション

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

デパート・百貨店文化論。都市論

現代消費社会における「都市」を形成・維持するうえで、様々な要因が必要であると思う。ここでは、「観光」と「ファッション」(著者、直江自身が提言する「ファッション観光論」)の結び付きに着目し、以下において「ファッション」の比重の大きさについて取り上げてみたい。
周知の如く、19世紀半ば、フランスのParisで、世界ではじめてボン・マルシェと言うデパートが産声をあげた。
明治大学教授、鹿島茂著『デパートを発明したブシコー夫妻』、立教大学大学院、北山晴一教授『おしゃれの社会史』に詳しい。(日本の百貨店やデパートの歴史は、三越や伊勢丹、高島屋などたくさんの著者が出版されているので参照してほしい。)
ブシコー夫妻が発明したデパートのシステムは、150年以上も経て、現代の日本の消費社会でも今なお取り入れられている。
その一例が「バーゲンセール」である。
「バーゲンセール」によって女性の欲望を喚起させる装置をデパートに導入し消費へといざなうシステムを構築し展開しているのだ。
そもそも、デパートは、都市に住む人々にライフスタイルを享受してくれるものである。その最たるファッションが非常に大きな比重を占めているのだ。詳細は、上記の著書を参照して欲しい。
その一例として「観光都市」でもあり「ファッション都市」でもある二つの側面を持つ都市を取り上げてみたい。

(典拠・引用文献2008年7月27日、『信濃毎日新聞社』7面)
「バーゲン客つかむ」
「[百貨店・ファッションビル]松本市のファッションビル「松本パルコ」は、今月1日から13日まで夏物バーゲンの「グランバザール」を開催。前年に比べセールの効果を実感しずらいテナントの目立つ中、健闘したのが他店より比較的単価の高い商品を扱うブランド品店だ。
若い女性に人気のブランド品店「マーク・バイ・マーク・ジェイコブス」の売上高は、前年比の56・0%増。男女共同のブランド品店「マーガレット・ハウエル」、男性専用のブランド品「ポールスミス」でも30%近く伸びた。松本パルコの営業担当は「買い控えていた顧客が、値引きセールに合わせて奮発したのではないか」と分析する。
長野市のJR長野駅のファッションビル「MIDORI」でも、1日以降、客単価の高いテナントが前年比を10%前後売り上げを伸ばしている。婦人用品店全体では前年実績を下回っているが、MIDORIの営業担当者は「自分磨きには出費を惜しまない若い女性層の支持を得ている」と話す。
苦戦が続く百貨店でもバーゲンは消費者をつなぎ留める有効な手段で最近の売り上げ減を補っている。
井上(松本市)は、4-6月の売上高が前年実績の94-96%にとどまっていたが、夏物バーゲンに入った7月は盛り返した。6月28日に始まったセールの前は、買い揃えの傾向がみられたという。「セールで安いものを求める傾向は、百貨店を利用する比較的年齢層の高い消費者も同じ。全般的には厳しい状況だが、今月は何とか前年並みをキープしたい」(広報室)としている。」(上記冒頭、典拠掲載。)

このような「バーゲンセール」は、女性のこころを掴むアイデンティティ確立のツールである。既に、ジョアン・フィンケルシュタイン『AFTER A FASHION』(京都造形大学教授成実弘至訳『ファッションの文化社会学』)のなかで指摘している。

あくまでも私の主観的な意見だが、都市を形成するのは、若い中間層の女性の欲望の力が無くして活性化はない。
これまで「デパート」と「ファッション」という二つの世界が、現代消費社会において切り離しがたく結び付いていれことを、都市の形成を取り上げながら論じてきた。この二つを別々に分けて考えるだけでは、現代消費社会を充分に理解することはできない。都市とデパートの相関関係の例をひとつとってみても、「ファッション観光論」(著者直江が提唱する)という新たな研究領域が明確に設定されなければならない必要性が見て取れるのである。
(「軽井沢プリンスショッピングプラザ」のバーゲンセールについては、他で言及してあるので省略したい。)
「バーゲンセール」は、都市の形成の根幹になるとともに、地域活性化、とりわけ女性のライフスタイルの享受をもたらしてくれる社会デザインなのである。
「バーゲンセール」無くして、現代消費社会の都市形成はない。最大限に活用する重要性が見てとれるのである。
備考
上記で、充分に展開できなかった部分については、今後の課題として、別の機会で論じたい。次号へ
------------「直江道愛、第1モード研究所。ホームページ。」
------------http://10740828.blog123.fc2.com/
『直江道愛、NAOEMODE』
------------「直江道愛、第2モード研究所。ホームページ。」
------------http://d.hatena.ne.jp/naoemode/
『直江道愛、NAOEMODE』
-------------------------
スポンサーサイト
  1. 2008/07/31(木) 11:24:41|
  2. 都市社会学・文化・理論社会学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

北京五輪。五輪ガール(五輪アシスタントガール)は、ファッションショーを開催し、その美を世界に発信している。その謎を人間学と言う視点から紐をとく。五輪ガールの化粧文化論、身体表象論。

2008年7月21日、フジテレビ『スーパーニュース』の特集で「密着五輪コンパニオン美の秘密に迫る」と言うテーマでその身体表象の意味について取り上げていた。
五輪コンパニオンになるための身体的基準の詳細は、省略する。

この五輪コンパニオンの話題は、昨年末から社会的問題として他局でも取り上げていた。
私も、某アパレル企業の研究会で、疑問に思い課題として取り上げてたことがある。

番組内で、安藤優子キャスターが「先進国の女性のメイクは、作り込めば作り込むほどナチュラルメイクになるとある研究者に聞いたことがある」と言うコメントを残した。

一瞬、技術的な事を指摘しているのかと思っがそうではないとふと思った。

以前、2002年に、大阪大学学長である鷲田清一氏の『顔の現象学』(文明研究20号にて)という著書を書評した事がある。

現代女性の顔が見えなくなっている、という主旨のものだ。

確かに技術的な事もあるが、社会心理学や現代思想、哲学的な意味を含んだものとして安藤優子キャスターのコメントは解釈できる。

北京五輪コンパニオンの身体表象を理解する上で今後の足掛かりとなるものである。

北京オリンピックがまだ開会していないので私自身の立場は、きちんとここでコメントできないが、今後の課題としたい。
北京オリンピック以降、もう一度、コメントを掲載したいと思う。
  1. 2008/07/22(火) 18:34:16|
  2. 身体表象・表文化象メディア論身体社会学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

アメリカ市場からヨーロッパ市場へ世界が認める、吉岡順子ウエディングドレスデザイナー。障害を乗り越えて。

少しずつ吉岡順子ウエディングドレスデザイナーについて紹介していきたい。
参考資料は、TBS『情熱大陸』より典拠したものである。

私の主観的意見ですが、吉岡順子ウエディングドレスデザイナーは、ファッション領域の取り上げるべきものであると言う前提のもと話を進めて行きたい。

以前、他局『ガイヤの夜明け』で日本のブライダル市場について特集していた。
2015年には、少子化、晩婚化など様々な要因のもと、需要が現在の半分まで低迷すると危惧していた。

しかし、吉岡順子ウエディングドレスデザイナーの功績の素晴らしいのは、情熱大陸的な言い方をすると「若い女性のあこがれの的」であるウエディングドレスに着手しているところである。

吉岡順子は、生まれながら足に障害を持ち何度も手術をし、自分のコンプレックスを克服するためにウエディングドレスデザイナーになったと自身が語っていた。そのため吉岡順子のデザインするウエディングドレスは、つねにシンプルを目指し美しさを探求している哲学が共感を得た。

海外のブライダル市場は、ものすごい市場利益を得ている。やや日本と相反するものであるかもしれないが今後の課題としていくべきであると思う。

吉岡順子は、アメリカ市場からヨーロッパ市場へ現在挑戦している。

年に1回5月に開催される、バルセロナブライダルウィークに挑戦している。

世界中のバイヤーがそのコレクションに契約を求め訪れる。

ファッションでいうところのオートクチュール、プレタポルテコレクションと同様だ。

吉岡順子のヨーロッパでの挑戦は、着手したばかりだ。

ヨーロッパ風のバッスルやクリノリンスタイルの派手さに対抗する吉岡順子のマーメイドライン風のウエディングドレスは、ヨーロッパでも好評を得ているそうだ。

私的な言い方をすれば、吉岡順子は、「ジャパニーズモダン的ウエディングドレス」を発信しているのである。今や吉岡順子をウエディングドレスデザイナーとしてその動向を見逃してはならないと思う。
次号へ続く

------------「直江道愛、第1モード研究所。ホームページ。」
------------http://10740828.blog123.fc2.com/
『直江道愛、NAOEMODE』
------------「直江道愛、第2モード研究所。ホームページ。」
------------http://d.hatena.ne.jp/naoemode/
『直江道愛、NAOEMODE』
-------------------------
  1. 2008/07/18(金) 09:54:18|
  2. ウエディング・ブライダル・プロデュース論
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

秋の化粧品商戦はじまる

日本テレビ『スッキリ』によれば、早くも既に秋の化粧品商戦が、各社ではじまっているという。
各社、PR合戦も白熱し、イメージガールとしての面々は、そうそうたる人材である。
流行色は、「グリーン」「カーキー」色と言った目元を強調させる色を打ち出している、とのことだ。

あくまでも私の主観的意見だが、化粧は色彩との心理的相関関係のなかで育まれているものである。

秋にむけてパーソナルカラーを早めに掴んだ化粧が必要であろう。

-----------「直江道愛、第1モード研究所。ホームページ。」
------------http://10740828.blog123.fc2.com/
『直江道愛、NAOEMODE』
------------「直江道愛、第2モード研究所。ホームページ。」
------------http://d.hatena.ne.jp/naoemode/
『直江道愛、NAOEMODE』
-------------------------
  1. 2008/07/18(金) 09:14:19|
  2. 化粧学・化粧文化論 MAKE-UP
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

甲子園へ

母校、佐久長聖高等学校、甲子園へむけて、是非、「勝鬨をあげて」下さい。
応援をしています。
------------「直江道愛、第1モード研究所。ホームページ。」
------------http://10740828.blog123.fc2.com/
『直江道愛、NAOEMODE』
------------「直江道愛、第2モード研究所。ホームページ。」
------------http://d.hatena.ne.jp/naoemode/
『直江道愛、NAOEMODE』
-------------------------
  1. 2008/07/17(木) 19:51:12|
  2. 保育学・発達心理学・教育心理学
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:1

浜崎あゆみワコールのポスターへ

2008年7月16日、日本テレビ『スッキリ』で特集。
京都に本社のある株式会社ワコールの女性アンダーウエアのポスターに浜崎あゆみを登用。
以前にも同様に、藤原紀香など、斬新なポスターで女性消費者の欲望を喚起させ、話題をよんだ。
このような試みは、株式会社ワコールならではのユニークでユーモアな戦略である。
今回の浜崎あゆみのポスター広告は、日本国内でみることができるのは、京都のワコール本社だけてのこと。
中国を中心とするアジア5国で、掲載されるそうだ。(マーケット)
また、新たな予感を感じることができる文化がうまれそうだ。
ワコールのポスターと浜崎あゆみが、女性のこころ(心理)とからだの新たな身体表象の切り離しがたく結びついている必要性を見てとれるのである。
この事例を見逃してはならないのであると思う。
備考

このようなワコールポスター分析の重要性は、株式会社ワコール人間科学研究所「乳房文化研究会」の常任運営委員長である、立教大大学院、北山晴一教授が詳しい。

上記文面におきまして失礼がありましたらお許しください。
------------「直江道愛、第1モード研究所。ホームページ。」
------------http://10740828.blog123.fc2.com/
『直江道愛、NAOEMODE』
------------「直江道愛、第2モード研究所。ホームページ。」
------------http://d.hatena.ne.jp/naoemode/
『直江道愛、NAOEMODE』
-------------------------
  1. 2008/07/16(水) 08:42:14|
  2. 身体表象・表文化象メディア論身体社会学
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:0

モード学園出身、吉岡順子については近日中に掲載

吉岡順子ウエディングドレスデザイナーの注目すべき点について近日中に掲載したいと思います!
通時的・共時的なウエディングドレスデザイナーの視点からできればと思います。
------------「直江道愛、第1モード研究所。ホームページ。」
------------http://10740828.blog123.fc2.com/
『直江道愛、NAOEMODE』
------------「直江道愛、第2モード研究所。ホームページ。」
------------http://d.hatena.ne.jp/naoemode/
『直江道愛、NAOEMODE』
-------------------------
  1. 2008/07/12(土) 05:42:06|
  2. ファッション・モード・デザイン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

吉岡順子ウエディングドレスデザイナー

2008年7月6日、TBS『情熱大陸NY人気ドレスデザイナー花嫁をセクシーに見せる!』「ウエディングドレスデザイナー吉岡順子」
後ほどPICK UP!
------------「直江道愛、第1モード研究所。ホームページ。」
------------http://10740828.blog123.fc2.com/
『直江道愛、NAOEMODE』
------------「直江道愛、第2モード研究所。ホームページ。」
------------http://d.hatena.ne.jp/naoemode/
『直江道愛、NAOEMODE』
-------------------------
  1. 2008/07/06(日) 23:31:21|
  2. ファッション・モード・デザイン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。