『MICHIYOSHI NAOE』The first MODE Laboratory

『モードの流動・稼動』 21世紀のモードの新たな展望を切り開く 「衣服+身体」「コスメ+身体」を科学する。モダンカルチャーを科学する。 ファッション・社会文化研究 脳科学とファッション

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

『哲学がわかる』

『哲学がわかる。』
「哲学は好奇心だ。」
「哲学はムズカシイ、と思われがちだ。しかし、自分のことや家族、友だち、身のまわりの出来事や事件、地球環境問題など、気になることを自分のアタマで、考えることが哲学なのだ。哲学のキッカケは好奇心た。」

哲学への誘い
生命と宇宙のリズムが一体化し響きあう

「わたしと哲学」
「合理性と宇宙」宇宙生成と人間存在を体系的に考える
「ドイツ観念論」どこから「生まれ」どこかへと人が「死ぬ」謎
「現象学的美学」「現前」する世界と「非現前」の世界をつなぐ「読む」作用
「社会倫理学」自由、平等、福祉が均衡する社会を論じ合う
「オートボイエーシュ」「動き」の継続をどこからでも作り出す自在さ
「現象学」見さかいなしに文学を読みまくった不良少年
「環境哲学」日本の風景のなかに思想を掘り起こす旅
「日本の思想」

「美学」生と死のあり方が気になる
「ホモ・シグニフィカンス」感覚の扉を開放して現実への視界を広げよう
「文明論」世界も自宅の庭のように見えてくる
「科学哲学」科学技術と人間が「共生」する回路を探索する旅
「西洋哲学」言語と論理をめぐる考察が主要テーマ
「現存」衝撃的だった伝記『砂漠の炎』との出会い
「科学思想史」哲学はだれにも扉を開いている
「現象学」生活世界のなかから導かれる知と心のかたちを探る
「世界と自己」原点は死を身近に感じた子供の思い
「言語哲学」知的偏食は知的体力の発育を阻害する
「科学哲学」自然・人間・社会を「生命」「いのち」を中心に考察する

「トピックを読み解く」
「コンピューター」「人間とはなにか」を逆照者するあらたな他者
「ファッション」らしい服をまとってひとは「だれか」になる
「ジェンダー」愛とラモールの力で自縄自縛を解くために
「セクシュアリテ」滅ぶべきものが求める唯一の不死=生殖
「脳死・尊厳死」論争の交通整理役を果たす
「経済」経済的エートスの哲学的考察

「哲学者たちが歩んだみち」
「ライプニッツ」自分の哲学を実社会に適用する
「ヘーゲル」ヘーゲル哲学は、生きる力になる哲学だ
「ニーチェ」ヨーロッパから遥かな別世界への脱出の夢
「フッサール」哲学なしには、この世界で生きられなかった
「ウィットゲンシュタイン」苦しみを避けられない人生を、幸福に生きた
「ハイデッガー」「わけがわからない」という認める
「レヴィナス」利己的な私が否定され倫理的な私が誕生する
「ミシェル・フーコー」「権力」の欺瞞性をあばきつけた
「デリダ」ディコンストクラクションは永遠に

「隣接分野からのアプローチ」
「精神病理学」チャンネルは「自己とは何か」
「社会思想史」社会総崩壊を抱えこむ不確実性から眼を背けるな
「法制史」「学問の自由」を生んだ歴史性
「文化人類学」「アニミズム」は地球と人間を救うキーワード

「近代日本哲学史」
「近代西洋哲学史」デカルトからサルトルまで<人とは何か>を追い続けた哲学者たちの400年

「どうして哲学なのですか」

アエラムック『新版哲学がわかる。』より上記概要引用抜粋。

あくまでも私の主観的な意見ではあるが、かつては、「心理学」と「哲学」が同様な学問領域として存在していた。「人間発達科学」を学ぶうえで、哲学的な思考を抜きには、現代の諸問題を解明するには不可能であると言う立場をとる。その意味で、哲学もまたツールとして必要なのである。

---------「直江道愛、第1モード研究所。ホームページ。」
------------http://10740828.blog123.fc2.com/
『直江道愛、NAOEMODE』
------------「直江道愛、第2モード研究所。ホームページ。」
------------http://d.hatena.ne.jp/naoemode/
『直江道愛、NAOEMODE』
-------------------------
スポンサーサイト
  1. 2008/03/17(月) 00:29:01|
  2. 教育学・臨床心理学・人文社会学・家政学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

人間発達科学を理解するために

アエラムック『死生学がわかる』(人生究極の課題と向き合う生と死の哲学)


あくまでも私の主観だか、自分は、何故生まれ何故生きて何故死ななきゃならないのか。
自分が死んだら、何人の人が何年覚えていてくれるのか。
心理学的に死生観を考えてみたい。
そこには、「自分とは何か」「自分はどうなっていくのか」と言うアイデンティティのツールを説き明かしてくれるに違いない。

------------「直江道愛、第1モード研究所。ホームページ。」
------------http://10740828.blog123.fc2.com/
『直江道愛、NAOEMODE』
------------「直江道愛、第2モード研究所。ホームページ。」
------------http://d.hatena.ne.jp/naoemode/
『直江道愛、NAOEMODE』
-------------------------
  1. 2008/03/15(土) 13:24:29|
  2. 教育学・臨床心理学・人文社会学・家政学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

認定心理士とは。資格取得のノウハウとキャリアアップの詳細内容下記ホームページ参照。

認定心理士とは。資格取得のノウハウとキャリアアップの詳細内容下記ホームページ参照。

http://www.google.co.jp/gwt/n?id=a806e298df9310c02b25842efc024344&site=web&safe=on&client=ms-docomo-jp&q=%E8%AA%8D%E5%AE%9A%E5%BF%83%E7%90%86%E5%A3%AB&hl=ja&source=m&start=0&output=chtml&ei=tofaR9CLK5_orQPJx5zkAg&ct=res&cd=2&rd=1&u=http%3A%2F%2Fja.wikipedia.org%2Fwiki%2F%25E8%25AA%258D%25E5%25AE%259A%25E5%25BF%2583%25E7%2590%2586%25E5%25A3%25AB
------------「直江道愛、第1モード研究所。ホームページ。」
------------http://10740828.blog123.fc2.com/
『直江道愛、NAOEMODE』
------------「直江道愛、第2モード研究所。ホームページ。」
------------http://d.hatena.ne.jp/naoemode/
『直江道愛、NAOEMODE』
-------------------------
  1. 2008/03/14(金) 23:19:52|
  2. 教育学・臨床心理学・人文社会学・家政学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

社会教育主事、司書、学芸員資格取得したい人のために詳細内容下記ホームページ参照検索。

社会教育主事、司書、学芸員資格取得したい人のために詳細内容下記ホームページ参照。


http://www.google.co.jp/gwt/n?id=06fba4da23191d904c7db7462e7b6c03&site=web&safe=on&client=ms-docomo-jp&q=%E7%A4%BE%E4%BC%9A%E6%95%99%E8%82%B2%E4%B8%BB%E4%BA%8B&hl=ja&source=m&start=0&output=chtml&ei=z3_aR9DrC5WkrQOVycbnAg&ct=res&cd=3&rd=1&u=http%3A%2F%2Fwww.mext.go.jp%2Fa_menu%2Fshougai%2Fgakugei%2Findex.htm
------------「直江道愛、第1モード研究所。ホームページ。」
------------http://10740828.blog123.fc2.com/
『直江道愛、NAOEMODE』
------------「直江道愛、第2モード研究所。ホームページ。」
------------http://d.hatena.ne.jp/naoemode/
『直江道愛、NAOEMODE』
-------------------------
  1. 2008/03/14(金) 22:45:57|
  2. 教育学・臨床心理学・人文社会学・家政学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

御卒業おめでとうございます。

御卒業おめでとうございます。

新たな旅立ちにDreamsComeTrueの『未来予想図』のワンフレーズを贈りたいと思います。
「未来予想図は、思った通りに叶えられてく」です。
おめでとうございます。

直江道愛
------------「直江道愛、第1モード研究所。ホームページ。」
------------http://10740828.blog123.fc2.com/
『直江道愛、NAOEMODE』
------------「直江道愛、第2モード研究所。ホームページ。」
------------http://d.hatena.ne.jp/naoemode/
『直江道愛、NAOEMODE』
-------------------------
  1. 2008/03/14(金) 17:15:06|
  2. 教育学・臨床心理学・人文社会学・家政学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『精神医学がわかる。』

『精神医学がわかる。』


「精神医学はミラーだ。」「もう一人の自分と向き合うこと、それが精神医学のポイントといえないだろうか。心を病む人は、精神科医の問いかけに答えることによって内なる自分を見つけるだろうし、医師の方は、診察をつうじていま一人の自分と対面しているのではないだろうか。
精神医学は<鏡>といえるかもしれない。」

「現代的な人間学への期待。」
「5つのアクセス」
精神病理学、社会精神医学、病跡学、生物学的精神医学、精神分析学

「20のコース」
精神薬理学、神経生理学、精神生理学、短時間精神療法、家族療法、芸術療法、森田療法、ホスピス、薬物依存、犯罪精神医学、宗教精神医学、多分化間精神医学、家族精神医学、児童精神医学、青年期精神医学、老年精神医学、性の精神医学、宇宙精神医学、産業精神医学、災害精神医学

「12のテーマ」
痴呆、リラクゼーション、脳内物質、カルトとマインドコントロール、PTSD、社会復帰、拒食症、帰国子女、ホームレス、ボーダーライン、自殺、文学とのかかわり
「精神障害の歴史」
「精神医学の流れ」

アエラムック『精神医学がわかる。』より概要上記引用抜粋。
------------「直江道愛、第1モード研究所。ホームページ。」
------------http://10740828.blog123.fc2.com/
『直江道愛、NAOEMODE』
------------「直江道愛、第2モード研究所。ホームページ。」
------------http://d.hatena.ne.jp/naoemode/
『直江道愛、NAOEMODE』
-------------------------
  1. 2008/03/13(木) 21:15:27|
  2. 教育学・臨床心理学・人文社会学・家政学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日本教育史・関山邦宏ほか

関山邦宏著・日本教育史関連
http://jig125.mobile.ogk.yahoo.co.jp/fweb/0313v2xDgtaiuiCO/0?_jig_=http%3A%2F%2Fwww.tamagawa.ac.jp%2FSISETU%2FUP%2Fisbn%2Fisbn4-472-06971-7.html&_jig_keyword_=%8A%D6%8ER%96M%8DG&_jig_done_=http%3A%2F%2Fis.mobile.yahoo.co.jp%2Fbin%2Fsearch_yst%3Fp%3D%8A%D6%8ER%96M%8DG%26c%3Don%26b%3D2%26safe%3D0%26fr%3Ddocomo&_jig_source_=srch
------------「直江道愛、第1モード研究所。ホームページ。」
------------http://10740828.blog123.fc2.com/
『直江道愛、NAOEMODE』
------------「直江道愛、第2モード研究所。ホームページ。」
------------http://d.hatena.ne.jp/naoemode/
『直江道愛、NAOEMODE』
-------------------------
  1. 2008/03/13(木) 14:57:54|
  2. 教育学・臨床心理学・人文社会学・家政学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『コミュニケーション学がわかる』(人間発達科学)

『コミュニケーション学がわかる』

あくまでも私の主観的意見であるが、以下の内容のように、コミュニケーション学は、「アプローチ」の仕方が知的好奇心をよび、様々な具体的事例へと展開して行くのが面白い。
以下参照。(直江道愛)


コミュニケーション学への誘い
「話せばわかる」は本当か原島博(補足、日本顔学会会長、東京大学大学大学院工学研究科教授、私(直江)も日本顔学会所属会員なので紹介)

「会話」
自己開示-「私」を伝え、「私」を知り、「私の物語」は変容する
笑い-コミュニケーションの特効薬
「視線」-目と目が合えば、人間関係が生まれる
「身体コミュニケーション」-人の「出会い」はどこから生じるのか
「外国語」-「正確さ」よりも「通じさせる力」


「暮らし」
「人づきあい」-「ものごと」にひそむ「尊重」と「自尊」
「病院」-患者の不安を軽減するには
「住宅介護」-受容と解決志向アプローチ
など、ほか多数


「子ども」
「発達」-赤ちゃんが対話を身につけるまで
「学校」-子どもを黙らせない仕掛けを
「テレビとゲーム」-子どものメディア・リテラシー
「ひきこもり」-関係性の希薄化がもたらすもの
「少年非行」-対話がすべてのはじまり

「仕事」
「消費者」-営業スマイルと自然な笑顔、どちらが有効
ほか、多数


「テクノロジー」
「携帯電話」-孤独の迷宮と「親指コミュニケーション」
「メール」-孤独恐怖とコンビニ的人間

など、多数


「アプローチ」
「社会学」-人間関係から社会関係へ
「メディア論」-現代メディアの知とは
「言語哲学」-人間は「討議を交わす動物」である
「社会心理学」-「親密な関係」はどうつくられるか
「臨床心理学」-他者とどのように理解するのか
「精神病理学」-ディス・コミュニケーションから見えるもの
「文化人類学」-「違い」を理解することが理解への道筋
「動物行動学」-利己的な行動が利他主義に通じる
「認知心理学」-「状況」のタクソノミイ
ほか

アエラムック『コミュニケーション学がわかる』より概要上記引用抜粋。

------------「直江道愛、第1モード研究所。ホームページ。」
------------http://10740828.blog123.fc2.com/
『直江道愛、NAOEMODE』
------------「直江道愛、第2モード研究所。ホームページ。」
------------http://d.hatena.ne.jp/naoemode/
『直江道愛、NAOEMODE』
-------------------------
  1. 2008/03/13(木) 10:48:48|
  2. 教育学・臨床心理学・人文社会学・家政学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

心理学的リハビリテイション推薦図書

野口宗雄著他・心理学的リハビリテイション推薦図書
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/imode/wsea.cgi?W-NIPS=9974773954
------------「直江道愛、第1モード研究所。ホームページ。」
------------http://10740828.blog123.fc2.com/
『直江道愛、NAOEMODE』
------------「直江道愛、第2モード研究所。ホームページ。」
------------http://d.hatena.ne.jp/naoemode/
『直江道愛、NAOEMODE』
-------------------------
  1. 2008/03/12(水) 22:00:06|
  2. 教育学・臨床心理学・人文社会学・家政学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『新心理学がわかる。「現場から」』

『新心理学がわかる』
「21世紀は人間科学の時代だ。その主流をなす心理学に、今、新しい風が吹きはじめている。時代が開かれるとき、その胎動は日常の素朴な問いから始まる。新たな学は、すべて「現場」から始まるのだ。」
「新心理学はフィールドだ。」

心理学への誘い
心理学って、いったいなんなのかな

「人生の心理学」
生涯発達心理学のすすめ-人生は物語である
幼年期-「里帰り」は日本社会の知恵
青年期-広がる世界、深まる自己
中年期-人生半ばの危機と自己の再生
老年期-「終のすみか」を考える、

「現場の心理学」
化粧-心理的価値が商品となる

ほか、多数

「臨床の場で考える」
多重人格-私の中に誰かがいる
DV-ソーシャルワークの視点が欠かせない
PTSD-心理的被害とは何か
子どもの虐待-子どものトラウマとどう取り組むか
摂食障害-だれにでも起こる病
スクールカウセリング-あいまいさを生かしたつなぎ役
箱庭療法-作品に生命の鼓動を感じる
音楽療法-音楽と人の古くて新しい出会い
行動療法-地域に根差すカジュアルな臨床
ブリーフ・サイコセラピー秘められた大きな可能性


ほか
「最先端の心理学」
「現代社会と心理学」
など、多数

アエラムック『新心理学がわかる。「現場から」』概要上記引用抜粋。
------------「直江道愛、第1モード研究所。ホームページ。」
------------http://10740828.blog123.fc2.com/
『直江道愛、NAOEMODE』
------------「直江道愛、第2モード研究所。ホームページ。」
------------http://d.hatena.ne.jp/naoemode/
『直江道愛、NAOEMODE』
-------------------------
  1. 2008/03/12(水) 20:06:21|
  2. 教育学・臨床心理学・人文社会学・家政学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

人間発達学(こころとからだを科学する)

フロイトやユングのように「無意識」の理論がある。世の中、人は何故そんな行動にでるのか、自分は何故こんなことをしたのか考えてしまうことがある。
人間は、みんな同じ、という精神状態には我慢ができない。
他人との「区別(違い)」をまず欲しがる。これが、個人のレベルでの段階である。
個人がどの社会の集団や地位に属しているか、「差異」を求める。
集団と集団、地域と地域、国と国、人種と人種、等、社会を超越した段階になると「差別」の理論を無意識に求めている。
以前、「文明の衝突」という言葉があったように、人間は、表裏一体で仲良くなったり、争いが絶えなかったりする。

「国際共生」という問題が出て来るのだ。

上記のように3段階の人間発達学の理論があるのだ。
これらは、「心理学」と「教育学」を持ってして解決していかなければならない。
果てしない奥深い学問領域であると同時に、人生享受のライフスタイルをおくるには、必要な学問、研究である。

話をもとに戻すと、他人の気持ちがわかったら、どれだけ良いことかと思う。

しかし、それは間違えではないか。人間の喜怒哀楽や恋愛、等、様々な気持ちの変化があるから生きる楽しみがある。注意しなければならないのは、苦しんでいる人のこころを理解し、救済できるかこの感受性が必要なのである。

これは、幼児期に培われるものであり、家族の愛情やコミュニケーションのなかで構築されるものだ。保育園や幼稚園といった環境が背景として重用となる。

小中高生は、人間形成の基本となる教育学・心理学の分野である。
何故「いじめ」なんておこるのか、それは、受け手がいじめと感じればいじめになる。学級やクラスといった集団のなかで、自己の存在意義も芽生えてくる。

そして、社会人として、働く時、現在のように「経済格差」と言う言葉が生まれてくる。
個人が自己と他者の区別から、社会では、集団と集団の「差異」として生まれてくるのだ。

ここで、少し遠回りするが、世の中には、目に見えない苦しみのなかでもがいているのだ。「こころとからだ」の問題である。
一見、何も苦しんでいないようで実は苦しんでいる。薬物に走ったり、幼児虐待に走ったり、マスメディアは、何故そんな行動にでるねかと罵倒ばかりで、本質的な、何故そうなったかという、結果と要因を理解し、支援する、「臨床心理学」「教育心理学」の専門家の支援の場、地域支援の場が必要なのだ。

ますます複雑になっていく21世紀の現代社会では、心理学的な社会秩序がなければたちまち崩壊してしまう。

これまでは、ミクロ的な視点で話してきたが、グローバルなマクロ的な視点でも同様である。

結論を先急いでしまうが、その基本を救済する軸は「心理学」であり「教育学」のなかで人間の成長過程の各年代を支援していかなければならないのだ。


でなければ、「自己とは何か」、社会のなかでアイデンティティを確立するツールをみつけられず、社会に翻弄されてしまう。

人は、全く同じ人間発達をする者は皆無てある。

「心理学」「教育学」を学ぶ意味は、幸せの価値観は、人のこころのなかにあるものである。

その基礎となる人文・社会学など学際的なアプローチを学び、個人、社会、世界と「共生」できる、教育をなにより必要とするのだ。
人間発科学の地平を切り開く。

------------「直江道愛、第1モード研究所。ホームページ。」
------------http://10740828.blog123.fc2.com/
『直江道愛、NAOEMODE』
------------「直江道愛、第2モード研究所。ホームページ。」
------------http://d.hatena.ne.jp/naoemode/
『直江道愛、NAOEMODE』
-------------------------
  1. 2008/03/12(水) 18:34:53|
  2. 教育学・臨床心理学・人文社会学・家政学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

女子教育史

高野俊著・推薦図書
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/imode/wsea.cgi?W-NIPS=997582658X
------------「直江道愛、第1モード研究所。ホームページ。」
------------http://10740828.blog123.fc2.com/
『直江道愛、NAOEMODE』
------------「直江道愛、第2モード研究所。ホームページ。」
------------http://d.hatena.ne.jp/naoemode/
『直江道愛、NAOEMODE』
-------------------------
  1. 2008/03/12(水) 10:47:58|
  2. 教育学・臨床心理学・人文社会学・家政学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

教育学がわかる


「学問としての「教育学」は、他の学問領域と並べてみると、いかにも「雑学」風で、あまり体裁がよくない。
むしろその点では破廉恥をきめこみ、最近のファッションのように、あえて「格好悪い」ことをデザインすることで、カッコイイと開き直っている、と筆者はいう。」

教育学への誘い
雑学で何が悪い!

「教育学の輪」
授業研究、学校教育学、教育心理学、学校臨床学、教育社会学、教育開発、教育行政、西洋教育史、日本教育史、教育哲学、教育思想、教育経済学、高等教育、比較・国際教育学、多分化教育、比較教育、情報教育、生涯教育、図書館情報学、障害児教育、幼児教育、青少年文化、教師教育、身体の発達と教育、スポーツ科学

「研究最前線」
かかわりの教育、教育的価値の探求、子どもの思想史、大衆教育社会の神話、学歴社会、教育評価の歴史、学校の文化誌、近世の教育思想、アメリカ教育学最新事情、日本教育学説史の試み、世界教育学説史、

「教育学の課題」
フェミニズムと教育、「いじめ」とは何か、不登校の子どもたち、少女文化、教室のコミュニケーション、マルチメディアと教育、グローバル・エデュケーション、国民形成と民族差別

「3つの提言」
芸術の教育について、科学の教育について、言語の教育について

アエラムック『教育学がわかる』(朝日新聞社)より概要上記引用抜粋。
------------「直江道愛、第1モード研究所。ホームページ。」
------------http://10740828.blog123.fc2.com/
『直江道愛、NAOEMODE』
------------「直江道愛、第2モード研究所。ホームページ。」
------------http://d.hatena.ne.jp/naoemode/
『直江道愛、NAOEMODE』
-------------------------
  1. 2008/03/11(火) 21:34:45|
  2. 教育学・臨床心理学・人文社会学・家政学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

社会学のフィールドワーク

「社会学はつねに境界を越えていく。
なぜなら、
それは開拓者のさだめだからだ。
あやしさとあやふやさを見つめながら
社会学はゆらぐ。
本質的な切実な問題を追い求め、
自らもゆらぎ続け、
境界は引き直していく。
フロンティアとしての宿命がそうさせるのだ。」

社会学フィールドワークの魅力。
「同時代的に」(目的は「自己を知ること」にある)
「生活環境主義」(フィールドワークの試行錯誤が生み出すモデル)


「エスシニティ」(見えなかった世界が異なる視点から見えてくる過程を体験する)

「地域社会」(「旅」であり「異化する」作業として)

「大衆演劇」(ひょんなことから役者体験的フィールド調査)

「オーラルヒストリー」(個人が人生に与えた意味づけをいったんくぐり抜ける)

「会話分析」(「ちょっとしたこと」をすべて見過ごしてはならない)

「エスノグラフィー」(なまの体験から何をくみとりどのように書くか)

アエラムック『新版社会学がわかる。』(朝日新聞社)より上記概要抜粋。
------------「直江道愛、第1モード研究所。ホームページ。」
------------http://10740828.blog123.fc2.com/
『直江道愛、NAOEMODE』
------------「直江道愛、第2モード研究所。ホームページ。」
------------http://d.hatena.ne.jp/naoemode/
『直江道愛、NAOEMODE』
-------------------------
  1. 2008/03/11(火) 18:46:31|
  2. 教育学・臨床心理学・人文社会学・家政学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

混沌としたますます複雑になる現代社会を理解するための「発達科学」

「発達科学」を理解するための推薦図書を掲載。

アエラムック『教育学がわかる』『コミュニケーション学がわかる』『心理学がわかる』(朝日新聞社)

詳細は後ほど
------------「直江道愛、第1モード研究所。ホームページ。」
------------http://10740828.blog123.fc2.com/
『直江道愛、NAOEMODE』
------------「直江道愛、第2モード研究所。ホームページ。」
------------http://d.hatena.ne.jp/naoemode/
『直江道愛、NAOEMODE』
-------------------------
  1. 2008/03/09(日) 17:50:27|
  2. 教育学・臨床心理学・人文社会学・家政学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ブリーフセラピーとは。

ブリーフセラピーとは、人生を楽しむ会話力。

ネットや図書検索、第2モード研究所のホームページに推薦図書掲載。
参照下さい。

人生享受のライフスタイルを送れるようになります。21世紀の社会デザインには、必要な発達心理学ツールです。
  1. 2008/03/09(日) 03:01:41|
  2. 教育学・臨床心理学・人文社会学・家政学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Thank you!for_your TIME!

Thank you!for_your TIME!
------------「直江道愛、第1モード研究所。ホームページ。」
------------http://10740828.blog123.fc2.com/
『直江道愛、NAOEMODE』
------------「直江道愛、第2モード研究所。ホームページ。」
------------http://d.hatena.ne.jp/naoemode/
『直江道愛、NAOEMODE』
-------------------------
  1. 2008/01/28(月) 15:17:53|
  2. 教育学・臨床心理学・人文社会学・家政学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。