『MICHIYOSHI NAOE』The first MODE Laboratory

『モードの流動・稼動』 21世紀のモードの新たな展望を切り開く 「衣服+身体」「コスメ+身体」を科学する。モダンカルチャーを科学する。 ファッション・社会文化研究 脳科学とファッション

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

女性の足のトラブル

2010年9月30日
NHKテレビ
ONAIR
『あさイチ』
特集
「足トラブル
水虫にむくみ&冷えの解消法」

ブーツを履く女性が抱える足の悩みと対処方法を検証。
------------「The first MODE Laboratory HP。」------------http://10740828.blog123.fc2.com/『NAOEMODE』------------「The second MODE Laboratory HP。」------------http://d.hatena.ne.jp/naoemode/『NAOEMODE』-------------MICHIYOSHI NAOE「愛」-----------「naoemode」
スポンサーサイト
  1. 2010/09/30(木) 18:27:23|
  2. ファッションと医療・介護・福祉・セラピー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

特定難病、美丘~君がいた日々~

2010年毎週土曜日
日本テレビ
ONAIR
『美丘~君がいた日々~』美丘(吉高由里子)が演じる難病、脳の萎縮による身体的障害がやがて死に繋がるストーリー。

実際問題、日本社会では、まだまた東京都だけ難病研究の重点に展開されているが全国では難病にたいする研究の比重を軽んじて置いていない。

もっと日本社会に特定難病の研究の啓発していきたい。


追記
美丘のファッションにも注目である。ヘアーメイクも。
------------「The first MODE Laboratory HP。」------------http://10740828.blog123.fc2.com/『NAOEMODE』------------「The second MODE Laboratory HP。」------------http://d.hatena.ne.jp/naoemode/『NAOEMODE』-------------MICHIYOSHI NAOE「愛」-----------「naoemode」
  1. 2010/08/02(月) 00:09:51|
  2. ファッションと医療・介護・福祉・セラピー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ウィッグが女性癌患者を救う

2010年3月24日
日本テレビ
ONAIR
『NEWS
ZERO』

女性癌患者の抗がん剤投与は、
肉体的苦痛だけでなく
女性らしさを失う
脱毛がある。

社会や仕事に治療しながら自身をもてない。

そこで
ファッションで流行の
ウィッグが、
女性癌患者を救う。

すなわちファッションは、患者を救うのだ。
------------「The first MODE Laboratory HP。」
------------http://10740828.blog123.fc2.com/
『NAOEMODE』
------------「The second MODE Laboratory HP。」
------------http://d.hatena.ne.jp/naoemode/
『NAOEMODE』
-------------MICHIYOSHI NAOE「愛」
-----------
  1. 2010/03/25(木) 00:09:12|
  2. ファッションと医療・介護・福祉・セラピー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「男性の乳癌の話」

2010年3月10日
日本テレビ
ONAIR

『ザ!世界仰天ニュース』「男性の乳癌の話」
中居正広、釣瓶、鈴江奈々アナウンサーほか
------------「The first MODE Laboratory HP。」
------------http://10740828.blog123.fc2.com/
『NAOEMODE』
------------「The second MODE Laboratory HP。」
------------http://d.hatena.ne.jp/naoemode/
『NAOEMODE』
-------------MICHIYOSHI NAOE「愛」
-----------
  1. 2010/03/10(水) 17:59:09|
  2. ファッションと医療・介護・福祉・セラピー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ファッション・デザインと福祉

2009年11月15日、
J-WAVE
ONAIR
ゲスト、すどうしんじ

ソーシャルプロジェクト

「心のバリアを壊す」
ファッションから、T-shirt一枚のデザインから、PEOPLEデザインから、心のバリアを壊して行く。

若者から。
ファッションやデザインから社会や福祉の概念を変えていく。
------------「The first MODE Laboratory HP。」
------------http://10740828.blog123.fc2.com/
『NAOEMODE』
------------「The second MODE Laboratory HP。」
------------http://d.hatena.ne.jp/naoemode/
『NAOEMODE』
-------------MICHIYOSHI NAOE「愛」-----------
  1. 2009/11/15(日) 07:55:33|
  2. ファッションと医療・介護・福祉・セラピー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

メディキュットと女性の疲労回復

2009年9月10日、フジテレビ『めざましテレビ』
ONAIR

「ココ調!」

特集
「女性の疲労回復テク」

キーワード
「メディキュット」

夏の疲れが出てくる初秋。アンケート調査によると、男性の3倍の数で、女性が夏の疲れを感じているとの事である。
ドリンク剤やアンプルを飲む、女性がよく見かけるとの事である。
なかでも、女性の疲労回復テクで1番使われているのが「メディキュット」であるという。
特に、寝る時に使用する「メディキュット」を使用している女性が多いとの事である。
フジテレビアナウンサー遠藤玲子アナウンサーも「メディキュット」を使用し、疲労回復に努めているとの事である。

追記
「メディキュット」は、医療としても使われているので詳細は、検索で。個人差もあると思われるので。

上記は、あくまでも私の主観的要約である。

MCフジテレビ遠藤玲子アナウンサーほか。

------------「The first MODE Laboratory HP。」
------------http://10740828.blog123.fc2.com/
『NAOEMODE』
------------「The second MODE Laboratory HP。」
------------http://d.hatena.ne.jp/naoemode/
『NAOEMODE』
-------------------------
  1. 2009/09/10(木) 21:16:44|
  2. ファッションと医療・介護・福祉・セラピー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

近年の傾向

ファッション・モード・デザインはもちろん、女子高校生に大人気である。
しかし、注目すべきは、高校時代、建築学科に所属し、一級建築士やインテリア・ディスプレイコーディネーターになりたいと大学進学をしている事である。
情報雑誌やメディア、高校の修学旅行、卒業旅行で北欧へ行く学生が多く、時代の波がそのような傾向にあると言う。
北欧は、福祉国家も多い上にインテリアデザインなど世界をリードする国でもある。
また、そうした意味から心理学、臨床心理、カウンセラー、アロマテラピー、アートテラピー、カラーテラピー等にも興味津々であるという。
------------「直江道愛、第1モード研究所。ホームページ。」
------------http://10740828.blog123.fc2.com/
『直江道愛、NAOEMODE』
------------「直江道愛、第2モード研究所。ホームページ。」
------------http://d.hatena.ne.jp/naoemode/
『直江道愛、NAOEMODE』
-------------------------
  1. 2008/02/15(金) 18:55:07|
  2. ファッションと医療・介護・福祉・セラピー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

人権と福祉支援のあいまいな現代

昨日、日本テレビ、「NEWSZero」の報道番組で、北海道の食堂経営者が知的障害者の人権を無視した、雇用を取り上げていた。
現代社会において、住居環境、身体衛生、お洒落、グルメは人生享受の最低条件ではないのか。
給料は、払わない、お風呂は、週に一回、食事は残飯。
星野仙一も指摘していたが有り得ない。現代社会では信じはれないことだ。
この事実がわかるまで、役所が対応するまで八ヶ月。地域支援、行政、あってはならない人権冒涜である。
------------「直江道愛、第1モード研究所。ホームページ。」
------------http://10740828.blog123.fc2.com/
『直江道愛、NAOEMODE』
------------「直江道愛、第2モード研究所。ホームページ。」
------------http://d.hatena.ne.jp/naoemode/
『直江道愛、NAOEMODE』
-------------------------
  1. 2008/02/15(金) 18:05:56|
  2. ファッションと医療・介護・福祉・セラピー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

スポーツと社会福祉

>障害者に冬のスポーツを
パラリンピック10年、長野でイベントを。
NPO法人県障害者スポーツ協会が2008年2月3日、長野冬季パラリンピック十周年を記念したスノーフェスタを、長野市の飯綱高原スキー場で開催。150名が参加。
オリンピック、パラリンピック、応援サポーターとして、社会が繋がりある人と人の交流を大切にしていきたい。(信濃毎日新聞、2008年2月4日26面詳細。)

追悼

愛知大学生、栂池高原スキー場にての事故、犠牲者となった女学生の方々。
愛知大学卒業生として、また後輩の方々の心の痛みを受け止め、安からに、心よりお祈り申し上げます。
------------「直江道愛、第1モード研究所。ホームページ。」
------------http://10740828.blog123.fc2.com/
『直江道愛、NAOEMODE』
------------「直江道愛、第2モード研究所。ホームページ。」
------------http://d.hatena.ne.jp/naoemode/
『直江道愛、NAOEMODE』
-------------------------
  1. 2008/02/05(火) 02:07:56|
  2. ファッションと医療・介護・福祉・セラピー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「コーヒー、ナント力学。豊かな香りで脳リラックス」(朝日新聞)

「コーヒー、ナント力学。豊かな香りで脳リラックス」2008年2月3日朝日新聞、S1S2面。「コーヒー博士」と知られる広瀬幸雄・金沢学院大学教授。後ほど詳細掲載
------------「直江道愛、第1モード研究所。ホームページ。」
------------http://10740828.blog123.fc2.com/
『直江道愛、NAOEMODE』
------------「直江道愛、第2モード研究所。ホームページ。」
------------http://d.hatena.ne.jp/naoemode/
『直江道愛、NAOEMODE』
-------------------------
  1. 2008/02/03(日) 16:52:47|
  2. ファッションと医療・介護・福祉・セラピー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「コーヒーショップと社会福祉雇用」についての提言。

どの街に行っても喫茶店はあり、また喫茶店は、憩いの場所である。
コーヒーショップと福祉雇用という関係で共生社会、地域活性化、はならないものか。
また、本ホームページで、都市社会学、銀座ブランドタワー、建設ラッシュの人気要因として、「ブランドカフェ」が併設されていることを既に述べた。
学生支援としてコーヒー検定を取得することをお勧めしたが、「日本コーヒー協会」や「香粧学会」などによると(朝日新聞より)医療、精神医療、肝臓癌、糖尿病予防、コーヒーの香ばしい臭いがリラックスを与えると大学で研究発表されているというのである。
これは、後ほど、ピックアップしたい。
私がここで提唱したいこと「コーヒーショップと福祉雇用」を地域活性化、共生社会のより実現性に向けて、提言しておきたい。
私は、現にこのような取り組みをしている現場でコーヒーをいただいたことがある。
------------「直江道愛、第1モード研究所。ホームページ。」
------------http://10740828.blog123.fc2.com/
『直江道愛、NAOEMODE』
------------「直江道愛、第2モード研究所。ホームページ。」
------------http://d.hatena.ne.jp/naoemode/
『直江道愛、NAOEMODE』
-------------------------
  1. 2008/02/03(日) 16:35:17|
  2. ファッションと医療・介護・福祉・セラピー
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

ファッションと社会福祉

アロマテラピー(昭和薬科大学教授田代眞一氏アロマテラピー学会会長が詳しい)やファッションテラピー、我々を超えるものに、これからの社会や社会福祉おいて救済して行く必要があるのではないのか、「計算や知性を超えた美、それを感じる心が、未来を照らす」(佐々木健一の言葉引用)のである。
------------「直江道愛、第1モード研究所。ホームページ。」
------------http://10740828.blog123.fc2.com/
『直江道愛、NAOEMODE』
------------「直江道愛、第2モード研究所。ホームページ。」
------------http://d.hatena.ne.jp/naoemode/
『直江道愛、NAOEMODE』
-------------------------
  1. 2008/01/31(木) 15:21:52|
  2. ファッションと医療・介護・福祉・セラピー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

社会福祉とカント

「美は、道徳的善の象徴である」カント
------------「直江道愛、第1モード研究所。ホームページ。」
------------http://10740828.blog123.fc2.com/
『直江道愛、NAOEMODE』
------------「直江道愛、第2モード研究所。ホームページ。」
------------http://d.hatena.ne.jp/naoemode/
『直江道愛、NAOEMODE』
-------------------------
  1. 2008/01/31(木) 14:57:57|
  2. ファッションと医療・介護・福祉・セラピー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

応援サポーター

2008年1月26日、フジテレビ『めざまし土曜日』より。障害乗り越え、北京目指す。石井雅史(34歳)。脳の障害と闘いながらも。
自転車アスリートの軌跡である。
小さな頃から自転車が好きで、国体にも出た。そして、プロになるが、練習中、車と接触。
脳に損傷をおい、バランス感覚を失い、それでも自転車を捨てきれず挑戦。
苦しいリハビリを乗り越え、北京を目指している。
その生き様、精神力に尊敬。是非、北京へ。

かげながら応援しています。
  1. 2008/01/28(月) 15:48:32|
  2. ファッションと医療・介護・福祉・セラピー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ファッション社会福祉論の雇用問題について

都内における化粧品会社の障害雇用についての実体調査と雇用推進を再考したい。
------------「直江道愛、第1モード研究所。ホームページ。」
------------http://10740828.blog123.fc2.com/
『直江道愛、NAOEMODE』
------------「直江道愛、第2モード研究所。ホームページ。」
------------http://d.hatena.ne.jp/naoemode/
『直江道愛、NAOEMODE』
-------------------------
  1. 2008/01/25(金) 15:31:36|
  2. ファッションと医療・介護・福祉・セラピー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

京都呉服店の社会福祉の試み

昨日の朝のニュース番組である特集をしていた。
パラリンピックで卓球の選手を目指している人の話である。
卓球のプロを目指し練習を毎日していたところ、そこに努めていた練習場の女性と結婚した。
しかし、パラリンピック、プロを目指すためには、働きながら卓球の練習をするのでは、とても世界には通用しない。
現に、海外遠征で力の差を目の当たりにしたのだ。
プロになりたい。そして卓球をおもいっきりできる環境が欲しい。
そんな思いを京都のある呉服店の社長が、気持ちを汲み取り、スポンサーになったのだ。
本人は悩んだ。プロにはなれるが、収入は半減する。その時、奥さんが後押しをした。「卓球をしているあなたが好きである」と。
北京パラリンピックをいま目指している。
東京家政大学大学院教授、能澤慧子著『二十世紀モード』(講談社)の後書きで既に次の様に

「モードは高齢化社会のなかで、高齢者や障害者にどのように関わってきたのだろうか、あるいは今後どのように関わっていくのだろうか」

と指摘している。

ファッションの東京、ファッションの国日本と言われるなか、能澤慧子が示唆しているようなことは、世界からみれば、遅れていることは言うまでもない。

京都呉服店のような試みが必要なのである。
  1. 2008/01/17(木) 06:10:07|
  2. ファッションと医療・介護・福祉・セラピー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

医療とファッション「ファッション医療論」

病院に入院した患者にとって、早く元気に退院したいのは当然だと思う。私も経験がある。お風呂に入れない、パジャマでお洒落もヘアーメイクもメイクアップもできない。こんなつまらない事はない。最近は、モデルがストッキングをデザインしたりしている。神田うのや蝦原友理など。些細な事かもしれない。しかし、ファッションと言うお洒落をしたい、早く社会復帰したい、色や季節感を感じて早く外で遊びたい。もっと、日本の大学、医学、社会福祉士では、上記のような「ファッションセラピー」を学ぶ科目を開設すべきである。残念ながら皆無である。 [医療とファッション「ファッション医療論」]の続きを読む
  1. 2007/10/29(月) 12:17:33|
  2. ファッションと医療・介護・福祉・セラピー
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。